エルサレムで古代の劇場を発見、「嘆きの壁」発掘中

ローマ様式の公共施設は初めて、収容人数200人ほど

2017.10.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】「嘆きの壁」の地下で発掘されたローマ様式の劇場。(解説は英語です)

 動乱期の古代エルサレムに建設されていたローマ様式の劇場が見つかった。完成を待たずに放棄されたようだが、それはいったい何を意味しているのだろうか?

 イスラエル考古学庁(IAA)の発表によると、発見されたのは、小劇場または公共の空間だったと思われる建造物。ユダヤ教で最も神聖な構造物の一つとみなされている「嘆きの壁」の発掘中に見つかった。(参考記事:「エルサレムで古代ギリシャの城塞を発掘」

 嘆きの壁は、ユダヤ教では「神殿の丘」、イスラム教では「ハラム・アッシャリフ」と呼ばれる聖地の外壁だ。この場所は現在、ユダヤ教とイスラム教だけでなくキリスト教でも重要視されている。(参考記事:「人類の旅路 「約束の地」レバントを歩く」

 発掘は、神殿の丘に続く石橋「ウィルソン・アーチ」の年代を特定するために開始された。アーチの下では、器や硬貨などの小さな遺物がすでに見つかっていたが、ローマ様式の劇場が丸ごと掘り起こされたことに、考古学者たちは驚きを隠せない。エルサレムでローマ様式の公共施設が発見されたのはこれが初めてだ。

 イスラエル考古学庁はプレスリリースの中で、「エルサレムの失われた劇場の謎を解くことになるとは想像すらしていませんでした」と述べている。「嘆きの壁の形とウィルソン・アーチの構造が明らかになったことは、間違いなく、エルサレムの理解に役立つスリリングな発見です。しかし、劇場のような建造物が見つかったことは、本当に“劇的”な出来事といえます」(参考記事:「封印を解かれた「キリストの墓」の新事実」

 米ノースカロライナ大学チャペルヒル校の考古学者ジョディー・マグネス氏は、「完全な閉鎖空間にあり、とても小さいですが、とても立派な劇場です」と説明する。マグネス氏は団体旅行でエルサレムを訪れ、偶然、発表直後の建造物を見る機会に恵まれた。

 石でできたこの建造物は、2000年近くの時を経て、深さ8メートルを超えるがれきの下から発掘された。石の年代を調べた結果、西暦2世紀に建設された可能性が高いという。発掘に携わった考古学者らは、収容人数200人ほどの比較的小さな劇場だったと結論づけている。ローマのコロッセオは5万人を収容できたと推定されている。(参考記事:「コロッセオで紀元1世紀の落書き発見」

 考古学者らは収容人数の少なさを理由に、オデオンと呼ばれる小さな音楽ホール、あるいはブーレウテリオンと呼ばれる会議場だったのではないかと推測している。

 今回の発見は、ローマ帝国の支配下に置かれたエルサレムの暮らしに関する古代の記録を裏付ける物的証拠でもある。当時のエルサレムは政治的に重大な局面にあった。西暦70年、エルサレムはローマ帝国から包囲攻撃を受け、その後、植民地アエリア・カピトリナとして再建された。(参考記事:「出エジプト描いた貴重なモザイク画が出土」

 マグネス氏によれば、今回発見された建造物は、エルサレムがローマ帝国の傘下に入り、ローマの守護神ユピテルをあがめる異教徒の都市として再建された時代に関連しているという。

「(ローマ皇帝)ハドリアヌスがつくった公共施設はいくつか発掘されていますが、劇場が見つかったのは初めてです」(参考記事:「ローマ帝国 栄華と国境」

完成する前に放棄された?

 考古学者らは、この建造物の用途を推測しながらも、使用されることなく放棄された可能性が高いと考えている。切断するための印が刻まれているにもかかわらず切断されなかった石や、石を切り出していない階段が複数あるためだ。

 マグネス氏によれば、ハドリアヌスはアエリア・カピトリナにユダヤ人が住むことを禁止したという。イスラエル考古学庁は、劇場が完成しなかった理由として、ユダヤ人が蜂起したバル・コクバの乱の鎮圧に資源が流用されたのではないかと予想している。

 イスラエル考古学庁は、エルサレムにおけるユダヤ人の歴史を記した文献の物的証拠をさらに見つけるために、発掘を継続する予定だ。パレスチナ人もエルサレムの聖地の権利を主張しており、たびたび歴史文献が論争の的になっている。(参考記事:「驚嘆の歴史的価値、イスラエル沖で大量の金貨発見」

文=Sarah Gibbens/訳=米井香織

  • このエントリーをはてなブックマークに追加