南極の海の氷に大穴、大きさは北海道に匹敵

ウェッデル海でこれほどの大きさの穴は70年代以来

2017.10.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年9月25日の衛星画像。冬の氷のじゅうたんが南極周辺のウェッデル海を覆っている。付近の南極海には、巨大な温帯サイクロンが迫っている。青い曲線は氷の境界を示す。氷の中に見える暗い部分は、海水が露出しているポリニアだ。(PHOTOGRAPH COURTESY OF MODIS-AQUA VIA NASA WORLDVIEW; SEA ICE CONTOURS FROM AMSR2 ASI VIA UNIVERSITY OF BREMEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 南極の冬の海を覆う氷に、北海道に匹敵するほどの巨大な穴が見つかった。(参考記事:「南極の「緑化」の速さが3倍に、地球温暖化で」

 この穴は、カナダのトロント大学と「南極海炭素気候観測モデリング(SOCCOM)」プロジェクトの合同チームが約1カ月前に発見したもの。チームは衛星技術を使い、昨年にできた同じような穴と併せて観測を行った。

 このような穴は、ポリニアと呼ばれている。今年の穴は、最大で約7万7000平方キロメートル。南極のウェッデル海でこれほどの大きさのポリニアが見られるのは、1970年代以来のことだ。(参考記事:「巨大氷山が分離、ナショジオの地図で見る南極の変化」

「この穴の部分は、真冬に1カ月以上も海面がむき出しになっています」とトロント大学の物理学教授、ケント・ムーア氏は話す。「このポリニアは、40年以上姿を消したあと、再び登場しました。これは注目すべき出来事です」(参考記事:「南極 崩壊する氷の大陸」

ポリニアの拡大図。(PHOTOGRAPH COURTESY OF MODIS-AQUA VIA NASA WORLDVIEW; SEA ICE CONTOURS FROM AMSR2 ASI VIA UNIVERSITY OF BREMEN)
[画像のクリックで拡大表示]

 南極の冬は厳しく、このような穴を見つけるのは難しい。もちろん、研究を行うのも至難の業だ。ポリニアができたのは2年連続ではあるものの、昨年の穴はこれほど大きなものではなかった。チームがこの一帯でポリニアを探そうと考えたのは、昨年の発見があったからだ。

 この付近の南極海では、深海の海水は表面の海水よりも温かく、塩分も濃い。そのため、海流によって温かい海水が上に運ばれると、海面を覆っている氷のじゅうたんを解かす。そうするとポリニアが形成される。

 いったん穴が開くと、海水は大気に触れ続けることになるため、新しい氷の層はできにくい。冷たい大気に触れて冷やされた水は沈んでゆき、深い部分で再び温められるというサイクルが続く。(参考記事:「南極の氷の下、水深70mの海で驚異の光景を見た 写真12点」

 チームは、何がきっかけとなって何十年もたってから再び穴ができたのかを突き止めようとしている。また、ムーア氏は、海洋哺乳類がこの穴を呼吸に使うこともあると考えている。

【参考動画】南極の氷を追って(解説は英語です)

 温かい海水が表面で冷やされることによって、海水温に大きな影響が生じることも考えられる。しかし、ムーア氏は、局地的な天候への影響を除き、このポリニアが南極の海や気候にどのような影響を与えているかはわからないという。また、この現象が気候変動と関連しているのかどうかも、今のところ定かではない。(参考記事:「南極を流れる不気味な「血の滝」、謎を解明」

「ポリニアの長期的な影響については、まだ何もわかっていないのです」とムーア氏は話している。(参考記事:「南極のオゾンホール縮小を初めて確認」

文=Heather Brady/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加