【動画】メスがオスを誘惑?巨大クジラの貴重映像

「こうした動作が撮影されたことはありません」と撮影者

2017.10.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シロナガスクジラの「ヒートラン」を世界ではじめて撮影か

 シロナガスクジラは地球最大の動物だ。しかし、彼らの複雑な社会的な行動について、私たちは驚くほど何も知らない。そして、カメラで撮影されることもめったにない。

 だが、このほどスリランカ沖で新たな映像が撮影された。撮ったのはプロのクジラ写真家であるパトリック・ダイクストラ氏で、シロナガスクジラが専門の科学者、ハワード・マーテンスタイン氏が協力した。2人はこの映像が、シロナガスクジラの「ヒートラン」のはじめての記録だと考えている。(参考記事:「動物大図鑑:シロナガスクジラ」

 ヒートランとは、大きなメス1頭との交尾を勝ち取るため、複数のオスが高速で泳ぎながら決着をつける激しい戦いだ。ザトウクジラでは多くの記録があり、「BBCアース」は2009年、その映像を「クジラが死んでしまうほど荒々しい」と解説した。しかし、シロナガスクジラについて同様の行動をとらえた映像は、分かっている限り存在しない(少なくとも、ダイクストラ氏もナショナル ジオグラフィックも見つけられなかった)。(参考記事:「【動画】シャチが集団で巨大クジラに体当たり」

 2014年、ザトウクジラの危険な争奪戦の撮影の様子について、写真家のダレン・ジュー氏は「サイエンティフィック・アメリカン」誌のインタビューでこう語っている。「争いは時にとても激しくなります。クジラ同士がぶつかり合い、尾びれでお互いを叩き、水面から飛び出して相手の上に乗ることさえあります」(参考記事:「【動画】メス1頭+オス2頭、コククジラの求愛行動」

「普通の行動とは全く違います」

 今回の映像について、ダイクストラ氏とマーテンスタイン氏は、シロナガスクジラのオス1頭がメス1頭を追っているところだとしている。シロナガスクジラのオスとメスは、身体的特徴がはっきり異なり、メスはオスよりも体が大きくなる傾向がある。(参考記事:「【動画】授乳中と思われるシロナガスクジラの親子」

「このメスは寝返りのように回転したり、仰向けにひっくり返ったりしていました。シロナガスクジラの普通の行動とは全く違います」とダイクストラ氏は話す。「後ろにいるオスを誘っているか、反応を見せたりするための行動です。私たちの知る限り、こうした動作が撮影されたことはありません」

 ダイクストラ氏とスリランカの研究者たちがこの映像を撮ったのは、2017年3月のことだ。一行は数日にわたってこのクジラのペアを観察した。2頭の接近が最終的に交尾に発展するのを見たかという問いに、氏は残念そうにノーと答えた。このペアが日中に何時間も一緒にいるのは目にしたものの、そうした接触が交尾に至ったかどうかは見ることができなかったという。調査クルーたちは、暗くなれば拠点に戻らざるを得なかったからだ。(参考記事:「眼前で激写! 人懐こいクジラのすむ海、メキシコ」

次ページ:本当にヒートランなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加