準惑星に初めてリングを発見、太陽系外縁ハウメア

環ができる理由や方法を解き明かす手掛かりに

2017.10.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】冥王星の近くの軌道を回る奇妙な準惑星ハウメアの周りに環が見つかった
卵形の準惑星ハウメアが幅70kmの環を持っていることが明らかになった。準惑星の環が確認されたのは初めてだ。(解説は英語です)

 近くの天体が遠方の恒星を覆い隠す「掩蔽(えんぺい)」という現象を利用して準惑星ハウメアの正確な大きさや形を調べようとした天文学者が、予想外の発見をした。この卵形の小さな準惑星は、天体の破片からできた幅70kmの環を持っていたのだ。

 環を持つことが明らかになった準惑星は、ハウメアが初めてだ。海王星より小さい天体の中では小惑星カリクロー、キロンに続いて3例目となるが、カイパーベルト(海王星の軌道より遠くに広がる、氷の天体が密集した領域)にある天体の中では初めてだ。(参考記事:「公転周期700年、太陽系の新たな「準惑星」を発見」

 この発見は、天体の周りに環が形成される理由と仕組みの解明に役立つことが期待される。けれども、2015年に冥王星への接近通過を行ったNASAの探査機ニューホライズンズのようなミッションを計画する人々にとっては、注意事項が1つ増えたことになる。

 6つの衛星と3つの惑星の環(木星のゴサマー環と呼ばれる希薄な環も含む)を発見したことで知られるSETI研究所の惑星科学者マーク・ショーウォルター氏は、現在、ニューホライズンズが次に接近通過を行う小さなカイパーベルト天体MU69のハザード計画チームを率いている。

 ショーウォルター氏は、「複雑な気分です。科学的には魅力的な発見なのですが、MU69への接近通過という観点からは少々怖いニュースです」と言う。(参考記事:「【動画】探査機ニューホライズンズが撮った最も詳しい冥王星の地形、上空から体験」

「環の存在を考えていなかったわけではありませんが、探査機の行く手には未知の存在が待ち受けているのだということを実感しました。調査と準備を入念にしていこうと思います」

光の変化を観測していたら

 スペインのアンダルシア天文学研究所の太陽系研究者ホセ=ルイス・オルティス氏は、チームの一員として2005年にハウメアを発見して以来、その研究を続けている。

 科学誌『ネイチャー』10月12日号に発表された論文によると、オルティス氏らは2017年1月21日に、ヨーロッパの10カ所に設置された12基の望遠鏡のネットワークを利用して、地球と遠方の恒星URAT1 533-182543の間をハウメアが通過する様子を観測した。

 それぞれの観測点で、ハウメアに覆い隠された恒星の光の変化を詳細に観測したオルティス氏らは、ハウメアの直径、形状、明るさ、密度を計算することに成功した。

 それだけではない。ハウメアが恒星を覆い隠す直前と直後にも、恒星の光が暗くなる様子がとらえられた。これは、ハウメアの周りに環があることを示している。

次ページ:探査機は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加