攻撃的なイヌと友好的なイヌはどこが違う?実験映像も。(字幕は英語です)

 イヌは人間の最良の友かもしれないが、その友情は完全無欠ではない。飼い主に尾を振り、顔を舐めまわすイヌが、吠え立てたり、唸り声をあげたり、噛みついたりすることもある。攻撃的になりやすいイヌとそうでないイヌがいるのはなぜだろうか。米アリゾナ大学の心理学者で人類学者のエバン・マクリーン氏はこの違いに興味を抱き、ホルモンで説明できるのではないかと考えた。

 そして、オキシトシンとバソプレシンという2種類のホルモンが、それぞれイヌの友好的な行動と攻撃性と関係あることをマクリーン氏らは発見し、学術誌「Frontiers in Psychology」に論文を発表した。品種改良により穏やかな気性を身につけた介助犬は、平均的なイヌに比べてオキシトシンの血中濃度がかなり高かった。一方、ほかのイヌに対して攻撃的なイヌたちはバソプレシンの濃度が高かった。(参考記事:「イヌが人懐こくなった理由は『難病遺伝子』に」

イヌが攻撃的になる理由を理解し、それを防ぐことができれば、人間とイヌの両方の命を救うことができる。新たな研究により、その手がかりが示された。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像をタップでギャラリー表示]

「イヌのバソプレシン濃度と攻撃性との関係を調べた研究結果は今回が初で、新しい治療の機会をひらくものです」。論文の共著者で、これらのホルモンを長年にわたり研究してきた米インディアナ大学キンゼイ研究所の生物学者スー・カーター氏は説明する。

 もちろん、それ相応の状況になればほとんどのイヌは攻撃的になる。自分の食べ物を取られそうになったときのほか、よそのイヌや飼い主以外の人間を見ただけで攻撃的になることもある。米ミネソタ大学のイヌの専門家ジュリア・メイヤーズ=マナー氏によると、これはイヌの飼い主に共通の問題だという。氏はかつてツインシティー動物愛護協会でイヌのしつけ教室の手伝いをしたことがある。

「私たちの教室はいつも満員でした」

 メイヤーズ=マナー氏によると、一部のイヌはリードをつけられることに特に強い抵抗を感じるそうだ。「捕らえられ、逃げられなくなると感じるのです。そんなとき、攻撃は最大の防御になります」。なお氏は今回の研究に関わっていない。(参考記事:「犬は人に「戦略的なウソ」をつく、実験で証明」

 米国疾病予防管理センター(CDC)によると、米国ではイヌによる噛みつき事故は毎年450万件発生している。イヌが動物シェルターに引き渡される理由の筆頭も攻撃性だ。だから、イヌが攻撃的になる理由を理解し、それを防ぐことができれば、人間とイヌの両方の命を救うことができる。(参考記事:「犬にも感情がある、MRIで確認」

『ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの 犬と幸せに暮らす方法55』

大人気のカリスマドッグトレーナーが指南! 愛犬の行動がみるみる変わる!
ナショジオ・ストア アマゾン 楽天


『ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの 犬が教えてくれる大切なこと』

人生の節目には必ず犬が寄り添い、導いてくれた。シーザー・ミランが語る、犬とともにある幸せと愛。
2017年9月4日発売。
ナショジオ・ストア アマゾン 楽天

次ページ:愛情ホルモンの研究で意外な発見