【動画】攻撃的な犬はホルモンに違い、改善に光

噛みつき事故は米国で毎年450万件発生、治療の道ひらく可能性

2017.10.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イヌを変えようとする前に

 マクリーン氏は、ほかのイヌに対して理由なく攻撃行動をするイヌを集めてから、同じ年齢、性別、種類の攻撃的ではないイヌを集めた。そして、事前にバソプレシンとオキシトシンの濃度を測定するために採血をしてから実験を開始した。

 実験ではまず、イヌの飼い主にイヌのぬいぐるみを散歩させるふりをしてもらい、これを見たイヌたちの反応を観察し、再度採血を行って、攻撃的なイヌとそうでないイヌとを比較した。予想通り、ぬいぐるみに対してうなり声をあげたり、飛びかかろうとしたり、吠え立てたりする回数は、攻撃的なイヌの方が多かった。バソプレシンの血中濃度もはるかに高かった。

 研究チームは介助犬についても別に実験を行い、威嚇的な行動をする知らない人や知らないイヌと対面させた。どちらの場合も、介助犬は落ち着きを保ち、標準的なイエイヌよりもオキシトシンの血中濃度が高かった。(参考記事:「イヌの癒しの力、銃乱射事件の町で発揮」

「攻撃的なイヌを変えようとする前に、私たちはその基本的な生物学を理解する必要があります。こうしたホルモンに目を向ける人は、これまで誰もいませんでした」とマクリーン氏は言う。今回の結果は新たな研究の出発点になるが、マクリーン氏は、バソプレシンが攻撃性を生じさせているのか、攻撃性に反応して分泌されているのかはまだ分からないと言う。(参考記事:「イヌやネコはなぜ死んだ飼い主を食べるのか」

 この研究からは、どのイヌがいい子かは分からないが、自分のイヌが忠犬ではない理由を理解するのには役立つかもしれない。

文=Carrie Arnold/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加