クモのお尻がピカチュウ! 獲物をゲットするため?

鮮やかな黄色の腹部に黒いトゲ、北米全体に生息

2017.10.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Micrathena sagittata は、鮮やかな色で獲物を引きつける一方、外側に並ぶトゲで身を守っている。(PHOTOGRAPH BY JONATHAN KOLBY)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ポケモン」は実在しないが、このクモが代わりになるかもしれない。

 中米ホンジュラスのジャングルで調査を行っていたときのこと。ナショナル ジオグラフィックが支援するエクスプローラー、ジョナサン・コルビー氏は、「ポケットモンスター」の人気のキャラクター「ピカチュウ」にそっくりな自然の創造物に出会った。(参考記事:「ポケモンGO自然の中でも、国立公園関係者が注目」

 このコガネグモ科のクモ Micrathena sagittataの腹部には、鮮やかな黄色の模様があり、後ろ側に先端が黒くなった長いトゲが2本生えている。少々恐ろしげなのは、ピカチュウ部分の下側にもトゲが並んでいるところ。体のそのほかの部分は明るい赤みを帯びた色をしており、まるでアリのように見える。(参考記事:「エイリアンのようなクモ発見、枯れ葉に擬態」

 コルビー氏がクスコ国立公園での調査中にこのクモに気づいたとき、真っ先に目を引かれたのは、そのピカチュウのような姿だった。

「お尻から突き出た珍しいトゲに、目が吸い寄せられました」

 両生類の専門家であるコルビー氏は、それまでこのクモを見たことがなかった。だが、このクモは北米全体で見られ、米国にも広く分布している。とはいえ、見つけるのは難しいかもしれない。体が小さいのだ。メスは通常、オスの倍の大きさがあるが、それでも脚を含めて1センチにしかならない。腹部が鮮やかな黄色なのはメスだけだ。(参考記事:「【動画】求愛ダンス踊るクモの新種が7種見つかる」

 一般にこのような色は注意を引きやすい。研究者らは、この色はクモが虫を捕るのに役立っているのではないかと考えている。科学誌「Ecological Entomology」に掲載された2002年の研究は、同じく黒と黄色の模様があるオーストラリアのクモを調べ、その鮮やかな色の腹部が獲物を引きつけるのに役立っている可能性があることを突き止めた。

 この研究では、クモの鮮やかな黄色の部分を黒のマーカーで塗りつぶした。こうして地味な色にされたクモは、平均して、獲物を捕らえる成功率が低くなったという。このオーストラリアのクモも、Micrathena sagittataと同様、大きな巣で獲物を罠にかける「待ち伏せ型」の捕食者だ。(参考記事:「【動画】ヘビ?クモ?な「動く模様」に学者も困惑」

 鮮やかな黄色が獲物を引きつける一方で、トゲはこのクモを捕食者から守っている。トゲがあることで、鳥のような動物がこの小さなクモをのみ込みにくくなるのではないかとコルビー氏は説明する。

 ホンジュラスで見つけたとき、このクモは地面の近くにかけられた巣の上でじっとしていた。コルビー氏は写真を撮ると、あとはそっとしておいた。ゲットしなくても満足だった。(参考記事:「脚をチラッと見せてメスを誘うクモを発見」

文=Sarah Gibbens/訳=山内百合子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加