絶滅から動物を守る! 7000種目が「箱舟」に

写真家サートレイが進める「PHOTO ARK(フォト・アーク)」プロジェクト

2017.09.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】フクロモモンガダマシが、7000番目の動物として「写真の箱舟」に乗った。(解説は英語です)

 世界中の動物園や自然保護区にいるすべての動物たちを写真に収める――。それは大がかりな計画のように思えるが、ナショナル ジオグラフィックの写真家、ジョエル・サートレイ氏は、確実にその目標に向かって進んでいる。(参考記事:「写真の箱舟 建造中!PHOTO ARKプロジェクトとは?」

 ナショナル ジオグラフィックの「PHOTO ARK(フォト・アーク)」プロジェクトは、飼育されているあらゆる種を写真に記録することで、動物たちの保護を人々に訴えようとする取り組みだ。「ARK」とは「箱舟」の意味。10年以上にわたり進められていて、つい先日、ちょうど7000番目となる動物の写真を撮り終えた。(参考記事:「ポートレートは生命の記録」

「森の妖精」とも呼ばれるフクロモモンガダマシ。夜に茂みの中を動き回る様子からそう呼ばれるようになった。巣となる内部が空洞になった木の減少、野生環境における捕食動物、伐採による生息地の喪失によって脅かされており、生息地は小さく分断されている。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 7000番目の動物はフクロモモンガダマシ。オーストラリアのビクトリア州中部にあるアカシアの森が原産の、かわいらしい小型有袋類だ。夜に茂みを走り回ったり、空洞になった木に巣を作ったりすることから、「森の妖精」とも呼ばれている。

 フクロモモンガダマシにとっての最大の脅威は、腐敗や火事、伐採によって森が失われていること。50年以上目撃されることがなかった時期もあったが、1961年4月3日の夕刻、オーストラリアのメアリーズビルの森で植物学者のエリック・ウィルキンソンらによって再発見された。

 写真のフクロモモンガダマシは、オーストラリアのビクトリア州にあるヒールズビル自然動物園で撮影されたもの。同園は、動物保護団体ズーズ・ビクトリア(Zoos Victoria)が保有する動物園の一つで、オーストラリアの野生動物を集めた動物園だ。

 フクロモモンガダマシの低地での生息数は50頭ほどといわれ、国際自然保護連合(IUCN)が絶滅の危険度を示した「レッドリスト」では近年、「絶滅危惧種(endangered)」から「近絶滅種(critically endangered)」へとランクが引き上げられている。ズーズ・ビクトリアは、生息数を増やすため、繁殖計画を開始する予定だ。(参考記事:「1万3000種って何の数字?」

フクロモモンガダマシは小さいが元気で活発だ。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 PHOTO ARKプロジェクトの目的は、地球の生物多様性を記録すると同時に、絶滅の危機に瀕している種を救う画期的な方法を探し、その生息地を守ることである。プロジェクトの発起人であるサートレイ氏は、40カ国を訪問して動物たちのポートレートを撮り続けている。(参考記事:「写真は動物たちを絶滅から救えるか」

「人々に注意を向けてもらい、愛してもらい、行動を起こしてもらいたいのです」

 こうして7000種の動物を撮ってきたサートレイ氏だが、取り組みは今後も続く。世界中で飼育されている動物の総数は、約1万2000種といわれている。(参考記事:「動物園はノアの箱舟」

文=Heather Brady/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加