【動画】絶滅危惧のユキヒョウ、赤ちゃん2頭を撮影

GPSによる追跡調査の成果、モンゴルのトスト自然保護区

2017.09.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】野生のユキヒョウの赤ちゃんをとらえた貴重な動画。モンゴルで発見された。(解説は英語です)

 雌のユキヒョウが、モンゴルの南ゴビ砂漠にそびえる雪山を歩いている。自分と、巣穴で待つ2頭の子供たちが食べる獲物を探しているのだ。

 この母親が留守にしている間を利用して、研究者らは子どもたちをじっくりと観察していた。保護団体のユキヒョウ保護基金とユキヒョウトラストは、この雌を数カ月間にわたって観察してきたが、今回、子どもたちにマイクロチップを取り付けたことで、彼らを追跡することが可能になった。一帯に多数設置されている自動撮影のカメラトラップは、彼らの日常の動きを撮影してくれるだろう。(参考記事:「【動画】100頭未満、ロシアのユキヒョウ」

 トスト山周辺のユキヒョウは2009年以降、観察が続けられてきた。彼らは今では世界で最も長く、最も詳しく研究されてきた集団となっている。ユキヒョウは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで長い間「絶滅危惧種(endangered)」に指定されていたが、2017年9月14日に公開された最新版では、絶滅の危険度がやや低い「危急種(vulnerable)」へと変更された。

 この地域のユキヒョウは、モンゴルの重要産業である採鉱の影響で、重大な危機にさらされてきた。地元コミュニティによる保護に向けた取り組みなどにより、トストは2016年、国立自然保護区に指定された。(参考記事:「最接近、パキスタンのユキヒョウ」

雌のユキヒョウは子どもを18カ月間、自分で育てる。(PHOTOGRAPH BY JULIE LARSEN MAHER, c WILDLIFE CONSERVATION SOCIETY)
[画像のクリックで拡大表示]

 世界最大級の保護区であるトスト自然保護区は、大ゴビ特別保護区とゴビゴルバンサイハン国立公園の間をつなぐ重要な位置を占めている。最新のデータは、1頭のユキヒョウは約180平方キロメートル(山手線の内側面積の約3倍)よりも広い縄張りを必要とすることを示している。これは従来から言われてきた説の44倍の広さだ。(参考記事:「カシミア人気でユキヒョウが危機に?」

 現在、トストのユキヒョウの生息数は安定しており、今回動画に撮影された母親と2頭の子どもを含めて23頭に首輪が付けられ、GPSによる追跡が行われている。

 ユキヒョウ保護基金によると、子どもを連れた雌は研究対象として特に重要で、彼らが最初に出産する年齢、一度に生まれる子の数、生存率など、保護活動に必要な情報をもたらしてくれるという。(参考記事:「希少なユキヒョウ写真、パキスタン」

 ユキヒョウの十分な個体数を維持することは、生態系全体にも波及効果をもたらす。力強く敏しょうなネコ科動物である彼らは、中央アジアとチベット高原の山地で重要な役割を担っている。ユキヒョウの数が増えることは、他の種の繁栄にもつながるだろう。(参考記事:「絶滅危惧種ユキヒョウを脅かす気候変動と遊牧民」

文=Austa Somvichian-Clausen/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加