【動画】優雅で不思議なクリオネの交尾

4時間かけ途中に食事も、雌雄同体で同時にオスメス2役こなす「海の天使」

2017.09.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英語で「海の天使」とも呼ばれるクリオネの交尾。野生での映像はとても珍しい。(字幕は英語です)

 ロシア、ノバヤゼムリャ列島沖の北極海で、交尾をしながら冷たい海を泳ぎまわるクリオネ(Clione limacina、和名:ハダカカメガイ)の貴重な姿が撮影された。

 海洋生物学者アレクサンドル・セミョーノフ氏が撮影した動画には、クリオネのもとに別のクリオネがやってきて体を合わせ、そのままダンスを踊るように泳ぎ回る流暢な愛の儀式がはっきりと映っている。(参考記事:「【動画】カモメの背に乗るカモメ、曲芸的な交尾」

 クリオネの交尾のやり方はこうだ。クリオネは実は雌雄同体で、2体のクリオネが出会うと、互いにペニスを出して相手の体にくっつく。その際に、ペニスの途中から伸びる細長い触手のような器官の先にある吸盤を使って、体が離れないようにする。しかし、そのせいでクリオネの体には傷が残る。成体の中には、交尾を行ったことを示す傷が4つついているものも見つかっている。(参考記事:「【動画】野生タランチュラの命がけの劇的交尾」

 交尾は4時間ほど続くこともある。この間、2体はくっついたまま4枚の羽を使って優雅に水中を泳ぎ回る。セミョーノフ氏によると、交尾と食欲は別物で、交尾の最中に獲物を捕まえて食べることもあるそうだ。(参考記事:「【動画】交尾めぐりユキウサギが高速連打の応酬」

「見ているととても楽しい」

 交尾が終わると、クリオネは体を回転させるようにして分離する。

「この小さな生きものは、信じられないほど優雅に泳ぎます。見ているととても楽しい」とセミョーノフ氏。「ゆっくり羽ばたくように泳ぐ姿は、まるで空を飛んでいるようです」(参考記事:「ナマケモノは交尾もゆっくり?」

 クリオネが英語で「海の天使」とも呼ばれるのは、半透明な長い体と、体の横に羽のような構造を持つためだ。体が半透明なので、ピンク色と黄色の内臓もよく見える。

 このような愛らしい外見を持つものの、クリオネはカタツムリなどが属するいわゆる巻き貝(腹足綱)の仲間で、殻のないウミウシやナメクジなども同じグループだ。北極海や大西洋の北極圏、太平洋などの冷たい海にクリオネは生息し、同じく巻き貝の仲間であるミジンウキマイマイ(Limacina helicina)などを捕食する。そのときは口から「バッカルコーン」と呼ばれる触手を出して獲物を捕まえる。(参考記事:「海の小さな人気者 ウミウシ」

 セミョーノフ氏によると、クリオネではオスの機能が先に発達し、成長するにつれて卵子ができる。完全に成熟すると、体内に卵子と精子の両方をもつという。

文=Heather Brady/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加