【動画】危機にさらされる美しいカエルたち。その販売は保護に役立つのだろうか?(解説は英語です)

 エクアドルの環境保護活動家がカエルの違法取引に対抗するために取った手段が、物議を醸している。というのも、彼らは自らカエルの販売に乗り出したのだ。

 これを始めたのは民間企業ウィキリに勤める生物学者たち。野生のカエルを捕るかわりに、研究室で繁殖させたカエルを供給することで、ペットとして闇市場で取引される希少なカエルの値段を下げようとしている。(参考記事:「絶滅種のカエルを13年ぶりに再発見、エクアドル」

 同社は2011年から商業目的で希少なカエルの繁殖を行っている。現在は12種を飼育しており、これらは北米、日本、欧州諸国に1匹当たり約600ドルで輸出される。AFP通信によれば、同社が販売するカエルは年間およそ500匹。一方、中南米全域から輸出され、世界中で販売されている野生のカエルは年間7000匹にのぼるという。(参考記事:「50年で200種が絶滅、愛すべきカエル写真13点」

 ウィキリは、エクアドルのカエルを絶滅から救うことを主な目的とするジャンバツ両生類研究保護センターを運営している。2017年7月、同センターは30年前に絶滅したと考えられていたカエル1種の繁殖に成功した。

 エクアドルは、面積わずか28万平方キロあまりの小国だが、驚くほど多様なカエルが生息する。アマゾンの熱帯雨林、西部の海岸地帯、アンデスの山岳地帯という3つの異なる生態系が、この地域に豊かな生物多様性をもたらしている。(参考記事:「絶滅寸前のカエルを火山から救え! エクアドル」

 2017年3月にエクアドルで新種のカエルを発見した米コロラド州立大学によれば、この国で少なくとも570種の両生類が発見されており、そのうち257種は同国でしか見られない。米国とカナダで見られるカエルを合わせても110種にしかならないのに比べると、その数の多さがわかる。(参考記事:「新種のカエルを発見、オタマジャクシにならず」

 この豊かな生物多様性が主な観光資源であり産業の原動力でもあるエクアドルには、その保護を目的とする厳しい環境法令が存在する。野生動物の販売は違法である。しかし、カエルの違法取引が莫大な利益を産む状況に歯止めはかかっていない。

飼育下繁殖をめぐる論議

 飼育下での繁殖を支持する人々は、希少なカエルなどの珍しいペットに対する需要がある限り、合法であれ違法であれ、誰かがそれに応じようとするだろうと主張する。飼育下繁殖の目的は、野生動物の違法取引を、合法的な供給に置き換えることである。しかし、絶滅の危機にある動物の状況をその飼育によって実際に改善するためには、いくつもの条件を満たさなければならない。この点を指摘した論文が、2016年4月に発表されている。(参考記事:「人工授精は絶滅危惧種を救えるか?」

次ページ:飼育が野生動物の状況を改善させるための条件