古代エジプト「金細工職人の墓」を発掘、家族か

3500年前の新王国時代、ルクソール「王家の谷」のそばで

2017.09.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新王国時代の金細工職人の墓内部で発掘された頭蓋骨。この出土品をきっかけに新たな墓が発見されるかもしれないと、当局は語っている。(PHOTOGRAPH BY NARIMAN EL-MOFTY, ASSOCIATED PRESS)
[画像のクリックで拡大表示]
3500年前の墓では頭蓋骨のほか、ミイラ、土器などの遺物が発見された。(PHOTOGRAPH BY NARIMAN EL-MOFTY, ASSOCIATED PRESS)
[画像のクリックで拡大表示]
金細工職人は今から3500年前の第18王朝時代に生きていた。(PHOTOGRAPH BY NARIMAN EL-MOFTY, ASSOCIATED PRESS)
[画像のクリックで拡大表示]
3体のミイラが見つかった。(PHOTOGRAPH BY NARIMAN EL-MOFTY, ASSOCIATED PRESS)
[画像のクリックで拡大表示]
墓の前には、ウシャブティと呼ばれる小像があった。ウシャブティは副葬品で、死後の世界へ旅立つ主人に付き従うといわれている。(PHOTOGRAPH BY NARIMAN EL-MOFTY, ASSOCIATED PRESS)
[画像のクリックで拡大表示]

文=Christina Nunez/訳=潮裕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加