日常か虚飾か、写真と動画で見る北朝鮮の生活

緊張が高まるなか、北朝鮮の日常への関心は高まっている

2017.09.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年8月に撮影された北朝鮮ツアー写真28点
主体思想塔のてっぺんで自撮りをする、旅行者のジェーコブ・オーガスティン氏。(PHOTOGRAPH BY DAVID GUTTENFELDER, NATIONAL GEOGRAPHIC)

 北朝鮮は謎の多い国だ。国民を厳しく統制し、外部者を警戒していることがその大きな理由である。しかし、他国に亡命した人々や、どうにか入国を果たした人々の情報、人工衛星から撮影した写真などによって、北朝鮮の日常が少しずつ明らかになっている。(参考記事:「秘密主義の国、北朝鮮の基本情報」

 例えば、宇宙から北朝鮮を見下ろしてみると、夜の街が暗く、ここ数年、全国的に電力不足が続いていることがわかる。また、さまざまな情報を総合すると、北朝鮮では数十年にわたって壊滅的な飢饉(ききん)が続いている。その結果、約300万人が命を落としたとも言われ、今も窮状にあるようだ。

 11歳で母親と共に亡命したウンソン・キムさんによれば、国民は生まれた瞬間から洗脳を受けているという。

「正確に言えば、母親のおなかの中にいるときから洗脳されています。生まれてからも、歌わされる曲の90%以上は金一族や労働党に関するものです。その結果、人々は当たり前のように金一族を崇拝しています」

 それでは、未知なる国、北朝鮮の日常を写真、動画、文章で紹介しよう。

空から見た平壌は驚くほど美しい

【動画】空から見た北朝鮮の首都。2016年5月にシンガポールの写真家アラム・パン氏が平壌の街を空撮。3度の飛行許可を受け、その2度目で、謎に満ちた都市の貴重な動画を撮影することに成功した。

 北朝鮮最大の都市、平壌を空撮した貴重な動画には、曲がりくねった川とパステルカラーのビル群が映っている。ある外国人が撮影許可を得て、小型飛行機からの最高の眺めをカメラに収めた。

 撮影の許可が下りたのは限られた場所だけだが、映像作家のロブ・ウィットワース氏とJ・T・シン氏もタイムラプス動画で平壌の日常を紹介している。地下鉄に乗る市民、観光名所を訪れる人々、スケートパークで遊ぶ子供たちを見ることができる。

【動画】平壌の日常を収めたタイムラプス動画。

軍は日常の一部

北朝鮮を象徴する軍人たちの写真12点
平壌のスタジアムを埋め尽くす軍人たち。2012年、北朝鮮の初代指導者、金日成をたたえる記念行事で撮影。(PHOTOGRAPH BY DAVID GUTTENFLDER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

 ナショナル ジオグラフィックの写真家デビッド・グッテンフェルダー氏は「あらゆる場所に軍人がいます。彼らは単なる国を守る存在ではなく、北朝鮮のアイデンティティーの一部と化しているのです」と話す。

 軍人たちは都市開発やインフラ整備のプロジェクトにもかかわっており、グッテンフェルダー氏は平壌の日常における軍隊の重要性を写真に記録している。グッテンフェルダー氏は2000年から北朝鮮で活動しており、この国に長期滞在する数少ない西洋人の一人だ。年1度のマスゲームや軍事パレードに招待され、脚を高く上げて行進する軍人たちや大砲を目撃している。

 マスゲームの参加者は観客を含め、全員が役割を与えられている。観客は色の付いた紙を持ち、スタンドに壮大なモザイクをつくる。多くの場合、国の指導者あるいは軍隊への賛辞を表現する内容だ。(参考記事:「北朝鮮の朝鮮人民軍の兵力は?」

平壌は美を大切にしている

平壌を絵画で彩るバス停の写真18点
(PHOTOGRAPH BY ED JONES, AFP/GETTY)

 エド・ジョーンズ氏は平壌のバス停の写真を数多く撮影している。バスを待つ人々の退屈そうな表情は世界共通だが、バス停そのものがほかの国とは少し異なる。バス停といえば、広告や落書きが付き物だが、北朝鮮のバス停には都市や自然の景観が描かれているのだ。しかも、美しい風景が多い。

 約300万人が暮らす平壌では、バスが最も広く利用されている交通手段だ。自家用車を持つ人は少なく、バス網が整備されている。乗車料金は一律5ウォンで、市場相場で換算すると、米国の0.1セントにも満たない。つまり、ただ同然の料金で移動できるということだ。(参考記事:「北朝鮮を訪れた「最後の米国人旅行者」の写真」

噴火の可能性がある火山

白頭山の上空を漂う雲。2014年6月、北朝鮮の両江道から撮影。(PHOTOGRAPH BY DAVID GUTTENFELDER, AP)

 白頭山は農村でブルーベリーが栽培されている美しく神聖な火山だ。しかし近年、火山活動が記録されており、国際チームが内部の調査を進めている。(参考記事:「北朝鮮の聖なる火山「白頭山」に噴火の兆候」

 白頭山は約1000年前、人類史上最大ともいわれる噴火を起こし、その火山灰は日本にまで降り注いだ。それにもかかわらず、未だ多くの謎に包まれており、地元以外ではほとんど存在すら知られていない。もちろん、標高2744メートルの火口から再び溶岩が噴き出すかどうかもわかっていない。

北朝鮮の日常にはぜいたくも

【動画】北朝鮮の高級スキーリゾート。ぜいたくな暮らしを垣間見せる。(解説は英語です)

 北朝鮮の日常は憂鬱(ゆううつ)ばかりではない。エリートたちは豪華なスキー場やインラインスケートを楽しんでいる。グッテンフェルダー氏によれば、2011年に金正恩氏が最高指導者に就任して以降、運動や娯楽が重視されるようになり、インラインスケートが流行し始めたという。(参考記事:「北朝鮮、知られざる日常の娯楽 写真12点」

「平壌だけでなくあらゆる場所に、数え切れないほどのインラインスケート施設があります。最初はエリートだけのものでしたが、その後、国中に拡大しました。人々は突然、外に出かけて運動や娯楽に興じるよう命じられたのです」

細部に凝った平壌の地下鉄

意外と豪華な地下鉄の写真13点
復興駅に到着する電車。2010年以前外国人の入場が許されていたのはわずか2駅のみだった。そのうちのひとつである復興駅には、とりわけ豪華な装飾が施されている。(PHOTOGRAPH BY ELLIOTT DAVIES)

 もともと旅行者が利用できる地下鉄駅は2つしかなく、大げさな演出の一部だと考えらえていた。ところが、2015年後半に全17駅が解放されると、驚くべき結果が待っていた。(参考記事:「北朝鮮の地下鉄に乗ってみた 写真13点」

 メロディー・ローウェル氏はナショナル ジオグラフィックの記事で、平壌のビジネス街から地下に入り、100メートル近く潜ると、古いスピーカーから愛国的な曲が流れてくると述べている。駅は貯蔵庫を兼ねており、分厚い鋼製の扉を閉めると、核災害にも耐えられる。駅名は土地にちなんだものではなく、社会主義にまつわる用語が使用されている。さらに、金箔(きんぱく)を張った金日成の像、細密なモザイク画、北朝鮮軍の勝利を祝うブロンズの記念碑、風変わりなシャンデリアなどで装飾されている。

 オーストラリアの旅行ブロガー兼ソフトウエア開発者エリオット・デービーズ氏は「すべての駅が国民に聞かせたいもの、国民に吹き込みたいものであふれています」と述べている。「これは旅行者にも効果的で、北朝鮮の旅はすべて政治と関連しています。彼らは帰国した旅行者に、“北朝鮮は意外と悪くない”と言わせたいのでしょう」

文=Heather Brady/訳=米井香織

  • このエントリーをはてなブックマークに追加