【動画】リカオンがくしゃみで投票、合意形成か

「本当に大発見です!」と他の研究者も絶賛、狩り直前の集会で

2017.09.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 民主主義は人間のためだけのものではないようだ。新たな研究によって、社会性の強いアフリカの肉食動物リカオンも、ある方法によって合意による意思決定を行っていらしいことがわかった。その方法とは、くしゃみだ。

 リカオンにとっての「ハクション!」はいわばグループ内での投票のようなものらしい。リカオンはイエイヌの遠い親戚で、ナミビアなどの国に生息する。9月6日付けの学術誌「英国王立協会紀要B:Biological Sciences」に掲載された内容によると、リカオンが狩りに出かけるかどうかは、群れの中でどのくらいくしゃみが起きたかによって決まるという。(参考記事:「犬の遺伝子を科学する」

 米ブラウン大学の学生で、ボツワナ捕食動物保護トラストの研究技官でもある論文の共著者リーナ・ウォーカー氏は、リカオンにとってのくしゃみは、「コミュニケーションの一形態」であり、「意思決定を形づくるある種の合図のようなもの」だ。(参考記事:「イヌが人懐こくなった理由は「難病遺伝子」に」

ボツワナ共和国、セリンダ保護区のリカオンは、狩りに行くかどうかをくしゃみによる投票で決めているという研究結果が発表された。(PHOTOGRAPH BY BEVERLY JOUBERT, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 当初、ウォーカー氏らは、ボツワナのリカオンが縄張りのマーキングをどのように行っているのかを調べようとしたが、やがて彼らの奇妙な行動に興味を持つようになった。「誰もが疑問に思うようになったのです。『どうしてリカオンはそんなにたくさんくしゃみをしているのか』と」(参考記事:「ハイエナの雌に「ペニス」、雌雄どう判別?」

 人間と同じように、リカオンも、くしゃみをして鼻から一気に空気を放出する。休んでいるときにくしゃみをすることもあるが、ほとんどの場合は、狩りの前の「ラリー」と呼ばれる集会でくしゃみをする。(参考記事:「なぜ、くしゃみをするのか?」

 飼い主が家に帰ってきたときにイエイヌが興奮する様子を想像してみてほしい、とウォーカー氏は言う。リカオンのラリーもそのような感じだ。興奮したリカオンが数分間にわたって、頭をぶつけあったり、尾を振りながら走り回ったりする。これは、群れの絆を強める行動だと考えられている。(参考記事:「ネコが人の口をふさぎ、イヌが人の妊娠を悟る理由」

優位なオスだと3回、他だと10回

 ウォーカー氏らは、4頭から15頭のおとなまたはそれに近いリカオンがいる5つの群れを詳しく観察した。ラリーが終わってそのまま狩りに出かけることもあったが、立ち消えになることもあった。すると、リカオンは日陰に戻って昼寝をした。ちなみに、リカオンは固まって眠ることが多く、寝ている彼らはまるで毛皮の山みたいに見える。

集団で眠るボツワナのリカオン。研究によると、狩りに行くために必要なくしゃみの回数は、提案者の序列によって異なる。(PHOTOGRAPH BY BEVERLY JOUBERT, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 観察を続けるうちに、研究者らはあるパターンに気がついた。ラリーでくしゃみが多いほど、狩りに行く可能性が高いのだ。もしラリーを始めたのがある群れでいちばん優位なリカオンの場合、3回くしゃみがあるとその群れは狩りに行った。獲物はたいていアンテロープだ。一方で、ラリーを始めたのが序列の低いリカオンだと、狩りに出るには10回のくしゃみが必要だった。(参考記事:「【動画】母親ゾウ、リカオン集団からわが子を守る」

次ページ:「民主的なプロセスが確かに存在しています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加