建設現場にトリケラトプスの化石、掘れば他にも?

米コロラド州のソーントン、この地域では珍しく3体目

2017.09.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】米コロラド州の建設現場から、貴重なトリケラトプスの化石が見つかった。(解説は英語です)

 米コロラド州のソーントンという町で7月31日、トリケラトプスの化石が見つかった。新しい消防署と警察署の建設工事が行われている現場からだ。

 作業員はすぐに同州のデンバー自然科学博物館に連絡した。そして8月28日、同博物館の学芸員で恐竜が専門のジョー・セルティッチ氏が、化石は確かにトリケラトプスのものであることを確認した。現在、建設工事は中断されており、博物館が他の化石を探す作業にあたっている。(参考記事:「トリケラトプスの仲間の新種、犬サイズ」

 このあたりで見つかる化石の多くは氷河期のもので、かつて北米にいたマンモスやラクダなどの化石が見つかることは珍しくない。しかし、およそ6600万年前の白亜紀末期に暮らしていたトリケラトプスとなれば話は別だ。ソーントンの担当者によると、化石が見つかったのは町の中心的な商業地帯で、古い岩盤を掘るようなことはめったにない場所だという。

「こういったものは、何度も掘り出されますが、たいていは気にもとめられません。今回は化石だと気づいてもらえて、本当にラッキーでした」。セルティッチ氏は町のプレスリリースでそう述べている。(参考記事:「驚きの恐竜展を開催、もはや鳥展、米NYで」

「このような建設現場では、しかるべき深さ、つまり恐竜が絶滅する直前の時代の岩石まで掘り進めれば、あたりを歩き回っていたティラノサウルスやトリケラトプスが出てくるはずです。ここソーントンの建設現場は、しかるべき場所でしかるべき時代を掘り当てたのです」(参考記事:「奇跡の恐竜化石、世紀の大発見 写真18点」

 トリケラトプスはとても有名な恐竜で、頭についた3本の角と後頭部にある盾のようなフリルが特徴だ。『ジュラシック・パーク』などの映画でもおなじみで、今までに見つかっている化石から、体長はおよそ9メートル、体重は4~6トンほどの巨大な植物食恐竜だったことがわかっている。

 この小さな町で貴重な化石が見つかったのは、これが初めてのことではない。今年7月にも、ある少年が地面から突き出していた骨につまずいたことがきっかけになり、ステゴマストドンという原始的な哺乳類の化石が見つかっている。(参考記事:「9歳少年が絶滅ゾウを発見、100万年前の化石」

 北米は、すでに数千という化石が出土している化石の宝庫だ。古生物に関するデータを集めた非営利のデータベース「Paleobiology Database」には、世界中で化石が見つかった場所が記録されている。このデータベースは、画面に表示されるインタラクティブな地図を使って、集められたデータを参照できるようになっている。

 ソーントンにとっては、この発見によって過去からのすばらしい遺産が一つ増えたことになる。この地域から見つかったトリケラトプスは、今回のものを含めて3体しかない。化石は、正式な発掘を経てデンバー自然科学博物館で展示される見込みだ。(参考記事:「恐竜時代のひな鳥を発見、驚異の保存状態、琥珀中」

 同博物館の研究チームもさらに詳しい調査を行いたいと考えている。セルティッチ氏は、「恐竜の化石が見つかって大いに興奮しています」と話している。

恐竜がいた地球
2億5000万年の旅にGO!

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第6弾。
ティラノサウルスやステゴサウルスといった
人気者をはじめ、巨大恐竜や羽毛恐竜、
翼竜たちを、迫力のあるビジュアルで紹介します。
ナショナル ジオグラフィック 編
天地283mm×左右195mm、128ページ
定価:本体1,400円+税

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス

文=Sarah Gibbens/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加