【動画】ワニに襲われるヌーをカバが「救助」

ワニとカバ、対決の行方は? 南アフリカ

2017.09.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワニの牙からヌーを救いだすカバ。(字幕は英語です)

 水飲み場は、動物たちの関わり合いをたびたび観察できるエキサイティングな場所だ。南アフリカ共和国のクルーガー国立公園から届いた最新の動画も、その期待を裏切らない。(参考記事:「【動画】ワニと遊びたくなったカバの子、結末は…」

 広大な公園を観光していたあるカップルが、ヌーがワニにかみつかれるところを目撃した。水を飲みにやって来たヌーが、水中から不意打ちされたのだろう。ヌーは逃げようともがくものの、ワニの強力なあごはヌーの細い脚を離さない。(参考記事:「ヌーの大量溺死が川を育んでいた、研究発表」

 ヌーとワニの命がけの争いは8分近くに及んだが、ついにヌーが疲れた様子を見せ始めた。

 ゆっくりとワニがヌーを水中へと引きずり始める。長く重い体とずんぐりした四肢のワニがヌーのような大型の獲物を相手にするなら、水の中が断然有利だ。

 ヌーは胴体がつかるぐらいまで水場に引き込まれ、さらに粘り強く引っ張るワニにさからう気力が尽きそうになったとき、2頭のカバが画面の外から現れた。カバがワニにいきなり突進し、捕らえていたヌーを放させると、ヌーは自由の身に。しかし、脚が折れている可能性が高いため、長くは生きられなさそうだ。

 ところで、カバは窮地にあるヌーを「助ける」ために駆けつけたのだろうか?

「おそらく違います」と話すのは、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーで、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の教授、ダグラス・マコーリー氏だ。草食動物の一員でありながら、カバは極めて攻撃的になることがある。ケニアでは8月上旬、寝ていたカバがライオンにつつかれて飛び起き、ライオンの首にかみつく様子が撮影されている。(参考記事:「ライオンVS.カバ、異例の対決」

昼寝中に邪魔されてライオンに噛みつくカバ。

 カバがヌーを偶然「自由の身にした」のはなぜか。2頭はおそらく群れのリーダーに次ぐ順位のオスだろうとしたうえで、マコーリー氏は2つの可能性を示した。

 1つ目は、ワニがカバの縄張りに入り込みすぎたというものだ。カバもワニもよく水場にやって来るが、普段はお互いに警戒し合っている。ワニは、体格も力も大きすぎるカバを獲物にはできないし、カバは一般に植物しか食べない。だが、ワニがカバの半径約2メートル以内に入ってくると、縄張り意識の強いカバは、かみついたり体当たりしたりすることがあるとマコーリー氏は言う。(参考記事:「【動画】衝撃の結末、ヘビ対ヤモリのバトル」

 第2の仮説は、ヌーが水しぶきを上げたことが刺激となって、カバが縄張りを主張する行動に出たというものだ。今回はこちらの可能性が高いという。

「何であれ水に入って来ようとする者を、カバは激しく攻撃するというのが私のいちばんの推測です。カバは突進して、邪魔者を追い払おうとするのです」と、マコーリー氏は説明する。

 つまり、映像のカバはヌーを「救助」したように見えるものの、実際には縄張りを荒っぽく主張していたと考えられるのだ。(参考記事:「カバを食べるカバ ――共食いする動物たち」

 今回の映像は、必ずしもカバの利他的な行動を記録しているわけではない。それでもマコーリー氏は、動物たちが野生環境で共存し、空間を分け合う様子が見られる格好の例だと話している。(参考記事:「2016年に話題を集めた動物の動画トップ10」

文=Sarah Gibbens/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加