皆既日食での綱渡りに大成功!でもちょっとヘン?

スリリングな挑戦を記録した、ドラマチックな写真の秘密とは

2017.08.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国ワイオミング州ジャクソンホールでアレックス・マンソン氏が行った皆既日食中の綱渡り。でもこの写真って……。(Photograph by Keith Ladzinski)
[画像のクリックで拡大表示]

 全米が皆既日食に沸くなか、レッドブルに所属するアスリートのアレックス・マンソン氏が、米国ワイオミング州ジャクソンホールにある深さ50メートルほどの谷間で綱渡りに成功した。型破りなこの挑戦の様子を撮影したのは、「ナショナル ジオグラフィック」本誌でも活躍する写真家のキース・ラジンスキー氏だ。(参考記事:「ロープなしで900mの絶壁を初登攀、米ヨセミテ」

 月の影に隠れた太陽と勇気あるアスリートを1枚に収めたドラマチックな写真だが、よく見るとこの不思議な点がある。皆既日食中の太陽はしっかり写っている。だとすると、周囲は夜のように暗いはず。それなのに人物と崖の一部は明るいし、遠くの風景もちゃんと見えるし……これはどういうことだろうか?(参考記事:「99年ぶり大陸横断日食に全米沸く 写真16点」

 この謎についてラジンスキー氏に話を聞いたところ、これは二重露光で撮影した写真だという。

 マンソン氏が綱渡りをした場所は、ジャクソンホールスキー場にある有名な「コルベットクリフ」だ。ラジンスキー氏が撮影場所を調べていたとき、コルベットクリフでは皆既日食中の太陽がまっすぐマンソン氏の頭上に来ることに気がついた。つまり、太陽とマンソン氏を1枚の写真に収めようとしたら、「人物はお尻しか写らない写真になってしまいます」とラジンスキー氏。

 そうならないようにするには、ラジンスキー氏は太陽の位置をずらさなければならなかった。「二重露光しない限り、それは無理です」とラジンスキー氏は言う。「二重露光を駆使すれば、太陽をどこにでも動かせます」

 フィルムカメラでは、二重露光はフィルムの1つのコマに対して2回シャッターを切る必要があるため、構図と露出について緻密な計算を要する。対して、デジタルカメラでは、2度の撮影は別個のデータとして記録される。デジタルなら少し工夫すればいい程度だが、こと今回の撮影に関しては少しの工夫では済まなかった。

「催眠術にかかったみたいでした」

 皆既日食が起きる日の午前5時。ラジンスキー氏と助手は撮影場所に到着し、機材と大きなストロボを両方の崖に設置してそのときを待った。(参考記事:ザ・フレンチスパイダーマン・インタビュー「でも、恐怖という感覚は悪くない」

 11時36分、皆既日食が始まった。太陽が隠した月の影は、地表を時速およそ2000マイルで駆け抜け、マンソン氏が高く綱を張った崖を覆った。ラジンスキー氏はチャンスを逃すまいと必死に撮影した。まず時間が許す限りフレームの上端に日食の太陽を入れて撮影し、次にカメラを別の方向に向けてから、太陽と重ならない位置にマンソン氏と風景を配置して、ストロボを焚いた。

「本当に素早く考えて、行動しなければなりません。時間は100秒しかありません。クイズ番組のカウントダウンを聞いているようなものでしたよ」とマンソン氏は笑う。

 撮影に集中しつつも、その間にラジンスキー氏は1枚目の皆既日食の写真を2秒間ほど液晶モニターで確認した。

「太陽がどの位置にあるかを確認しただけでしたが、ちょっと金縛りのようになったというか、催眠術にかかったみたいでした」とラジンスキー氏。「それからふと我に帰って、また撮影に戻りました」

 ラジンスキー氏によれば、星が見えるほど暗いなかでもマンソン氏は「足で点字をなぞるように、ただ歩き続けていた」そうだ。(参考記事:「世界的冒険家のディーン・ポッター氏が墜落死」

文=Rachel Brown

  • このエントリーをはてなブックマークに追加