99年ぶり大陸横断日食に全米沸く 写真16点

ナショジオ写真家10人以上が各地で撮影した

2017.08.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(Photograph by Charlie Hamilton James)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国で「大陸横断皆既日食」が観測された。米国で皆既日食が観測されるのは38年ぶりで、大陸を横断するのはほぼ100年ぶりのこと。現地の21日、北西太平洋岸から南東の大西洋岸にかけての各地域で、それぞれ数分ほどだが月が太陽を隠し、夜のように暗くなった。

 ナショナル ジオグラフィックは、ジェット機に搭乗した写真家ババク・タフレシ氏が太平洋上から日食をとらえたほか、日食が通り過ぎる経路に10人以上の写真家を配置。それぞれが独自の視点で今回の天文ショーとそれを楽しむ人々を撮影した。写真16点を掲載する。

今回の日食を撮った最初の一枚のひとつ。ナショジオの写真家ババク・タフレシ氏は日食がスタートする瞬間に太平洋上を飛んでいた。(Photograph by Babak Tafreshi)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ:溶接マスクで空を見上げる女性ほか写真7点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加