【動画】幽霊のような深海魚を発見、おそらく新種

「誰も見たことがない魚」と研究者は驚嘆

2017.08.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
決して特殊効果ではない。

 水深約2500mの深海で観察されたこの魚は、科学者によれば新種のようだ。

 体をくねらせて泳ぐこの小さな魚はクサウオ科の1種である。クサウオ科の魚は約350種が知られていて、大きな頭と目、そこから尾に向かって細くなるスレンダーな体が特徴だ。(参考記事:「ペルー・チリ海溝の生物:クサウオ」

 米国海洋大気局(NOAA)の海洋探査研究所は、7月28日に撮影したこの魚の動画を8月2日に公開した。(参考記事:「世界最深のマリアナ海溝、映像をライブ配信中」

 研究チームのメンバーは動画の中で、「これまで誰も見たことがない魚だ」と驚いている。(参考記事:「【動画】深海で幽霊のようなタコを発見、新種か」

 クサウオ科の魚は地球上に広く分布していて、あらゆる深さの海で見られる。2014年には水深8143mのところで見つかって科学者たちを驚愕させた。これは、生きている魚が見つかった深度の世界記録だ。クサウオの体は、小さな車の屋根の上に1600頭のゾウを載せるのに匹敵する水圧に耐えられると推定されている。

 研究者は、今回の発見は「まったく新しく、まったくの予想外」だったと言う。(参考記事:「目玉がかわいすぎる生き物、深海で見つかる」

 NOAAの調査船オケアノス・エクスプローラーの今回の探査航海では、新種のクサウオのほかに多くの生物が観察された。航海はホノルルから始まり、オバマ政権時代に大幅に拡大された太平洋離島海洋国立モニュメントのジョンストン環礁周辺で深海の調査が行われた。(参考記事:「[原始の海2]はるかなる南ライン諸島」

 探査航海を終えた研究チームは、収集したデータをこれから数週間かけて分析し、まとめる。(参考記事:「【動画】幻の「顔なし」深海魚を発見、貴重映像」

 この海洋保護区の99%以上が、ほとんど解明されていない深海である。

文=Sarah Gibbens/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加