巨大氷山が分離、ナショジオの地図で見る南極の変化

ついにラーセンC棚氷からも、南極半島では過去20年で3度目

2017.07.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年版のナショナル ジオグラフィック世界地図に、最新のラーセンC棚氷の変化を書き加えたもの。オレンジ色の部分が、最近分離して氷山となった部分。
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年7月、南極の「ラーセンC」と呼ばれる棚氷が割れて、巨大な氷山が分離した。このニュースは世界的な注目を集めているが、ラーセン棚氷の劣化は、実は20年以上前から進行していた。ナショナル ジオグラフィックが作成した世界地図を年代順に見ていくと、棚氷が年月を経て劇的に変化した様子がうかがえる。

 1990年版、2005年版、2015年版という3つの地図を見比べると、地図が新しくなるごとに棚氷の広い部分が失われていることがわかる。そして今回、米デラウェア州の面積に近い約5700平方キロの巨大な氷山が、ラーセンC棚氷から分離した。大陸から分離した氷山としては世界最大級のものだ。(参考記事:「崩壊を始めた南極西部の氷河」

 ナショナル ジオグラフィックの新しい世界地図は2019年に出版される予定だが、そこには欠けたラーセンC棚氷の最新の姿が掲載されることになる。

 棚氷とは、大陸から海へとせり出した分厚い氷の塊である。南極大陸の海岸線の約75%が、この棚氷に覆われている。ノルウェー人の探検家カール・アントン・ラーセンにちなんで名づけられたラーセン棚氷は、ウェッデル海に突き出た南極半島北東部の海岸沿いにある。

 今回の分離が気候変動によるものであるという決定的な証拠はないが、海水温の上昇は、棚氷の分離や崩壊を引き起こす原因となっている。(参考記事:「南極の棚氷、減少理由は分離よりも融解」

【動画】ラーセン棚氷に入った巨大な亀裂。(解説は英語です)

 米航空宇宙局(NASA)が1960年代に初めてラーセン棚氷を撮影したときから、今回分離した部分に致命的な亀裂が入っていることは確認されていた。棚氷が氷の塊をそぎ落とすのはしばしば自然に起こる現象だが、今回のような巨大氷山の分離は、1995年以降3度目だ。そのペースの速さに、一部の研究者は危機感を抱いている。(参考記事:「南極で海氷拡大、主因は棚氷の融解?」

次ページ:ラーセン棚氷のこれまでの変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加