木星の大赤斑を至近距離から撮影、円形に近づく

2017年7月10日、NASAの木星探査機ジュノーは木星最大の嵐である大赤斑の上空9000kmのところを通過し、至近距離からの撮影に初めて成功した。(PHOTOGRAPH BY NASA, SWRI, MSSS)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー