【動画】シャチ集団がクジラを襲撃、協力して捕食

めったに見られない光景をドローンで撮影、カムチャツカ半島沖

2017.07.11
【動画】シャチがミンククジラを狩る、貴重な映像。(解説は英語です)

 ロシアのカムチャツカ半島沖でのことだ。ボートで海に出た科学者と観光客は幸運にも、シャチの群れが1頭のミンククジラを襲う場面に出くわした。

 めったに見られない出来事を間近で目撃できただけではない。それは、この肉食性哺乳類が狩りの後に出す貴重な音声を、水中マイクで録音できるチャンスでもあった。科学者たちはドローンも活用し、珍しい攻撃の様子を空撮した。(参考記事:「【動画】シャチが集団で巨大クジラに体当たり」

「シャチは長時間にわたってミンククジラを追っていました。ドローンを飛ばしたころには、クジラはほとんど抵抗をやめていました。疲れていたものの、まだ噴気孔から水を噴き上げていました」

 こう語るのはイネッサ・ユリエワ氏。同氏は、極東ロシア・オルカ・プロジェクトと、カサートカ・クルーズというツアー会社が共同で立ち上げた組織「チーム・トリップ」のコーディネーターを務めている。探検旅行を手がけるチーム・トリップは、ロシアの科学機関が通常カバーしていないシャチ研究に資金援助を行っている。今回の映像を撮ったミハイル・コロステレフ氏は、チーム・トリップの設立者だ。(参考記事:「米テーマパークがシャチショーの歴史に幕」

「誰もがすごく興奮していました。もちろん、ミンククジラが苦しむ様子はむごいですが、それが自然です。シャチの狩りのような貴重な光景を目の前で見られたのは素晴らしいことです」(ユリエワ氏)

 クジラ目の中で、世界中に分布している肉食動物はシャチだけだ。魚に加え、他のイルカやクジラといった哺乳類も食べることができる。一般に、1年を通して同じ海域で暮らす「定住型」は魚やイカを食べ、より数の少ない「回遊型」は大型の獲物を仕留める。(参考記事:「希少なシャチ“タイプD”、実は新種?」

 シャチは英語で「キラー・ホエール(殺し屋クジラ)」とも呼ばれるが、哺乳類を狩るシャチは、この恐ろしい呼び名の由来でもある。

次ページ:クジラの一番おいしいところ