祝20周年!探査機が撮った火星の絶景写真36点

1997年7月4日以降、NASAはずっと赤い星を観察してきた

2017.07.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火星探査車キュリオシティの自撮り写真。(PHOTOGRAPH BY NASA, AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年7月4日は、NASA(米航空宇宙局)が送り込んだ探査車(ローバー)が火星の地表で稼働してから20周年にあたる日だ。1997年の同日、探査機「マーズ・パスファインダー」が火星への着陸に成功。その後3カ月にわたって探査を実施し、火星の大気と気候を分析、岩石や土壌の組成を調査した。(参考記事:「米スペースX、壮大な火星移住計画を発表」

 このパスファインダーに続いて、NASAは8台の探査機を火星に送り込んでいる。

 2004年には、「スピリット」と「オポチュニティ」が火星に着陸し、水の痕跡を探る。岩だらけの火星の地表の写真を何千枚も撮影。データを収集した結果、火星はかつて水の惑星であったと信じるに足る証拠を発見した。その後、スピリットは息絶えたが、オポチュニティは今でも機能している。(参考記事:「火星の重力マップ公開、驚きの新事実が明るみに」

 2012年8月、火星に送り込まれた探査車の中でも格段に大きく、最も高性能な「キュリオシティ」が火星に着陸した。キュリオシティは17台のカメラと1台のレーザーに加え、削岩機を1台を搭載しており、岩石に穴を空け、粉末状のサンプルを採取できる。そして、かつて水の影響を受けて変質したと思われる岩石を探り当てた。最近では、ゲール・クレーターがかつて淡水湖であったことを示すデータを、NASAに送っている。(参考記事:「着陸から1年半、キュリオシティの成果」

 NASAは2018年5月、火星内部を調査する探査機「インサイト」を打ち上げる予定。2020年には別の探査車を打ち上げ、過去の火星が微生物が生息する環境として適していたかどうか調査する計画だ。(参考記事:「ここがすごい!「マーズ2020」火星探査計画」

次ページ:30年の成果! 火星フォトギャラリーを見る

『マーズ 火星移住計画』

現実味を帯びてきた火星有人探査・移住プロジェクトの全容を美しい写真・イラストとともに解説。

 レオナード・デイヴィッド 著
 関谷 冬華 訳
 230mm×276mm、288ページ
 定価:本体3,200円+税

ナショジオストア アマゾン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加