【動画】ヘビ?ミミズ?仰天生物アホロテトカゲ

つぶらな瞳の小顔、短い前肢、ヘビのような体もつミミズトカゲ

2017.07.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヘビではない。ミミズでもない。そして、足のないトカゲとしても、このアホロテトカゲは変わり種だ。

 米ラトガース大学ニューアーク校の爬虫類学者サラ・ルエイン氏は、落とし穴式トラップを設置した数時間後、捕まったものを見て興奮した。「びっくりしました。これがいるなんて信じられませんでした」(参考記事:「【動画】血の涙で攻撃! ツノトカゲ、驚異の護身術」

 彼女を驚かせたのは、アホロテトカゲ(Bipes biporus)だった。というのも、この種は地中で生活し、地表にいることが滅多にないからだ。(参考記事:「足で水を飲む驚異のモロクトカゲ」

 2017年6月、ルエイン氏がアホロテトカゲと出会ったのは、メキシコのバハ・カリフォルニア・スル州サン・ファニーコだ。「島と海」という野外研修コースの一環として、今回の動画を撮影した米カリフォルニア大学バークレー校の大学院生ケイトリン・クレイビル-ヴォス氏と共に、生物多様性調査のためのトラップを仕掛けていた。

 アホロテトカゲは、ミミズトカゲの1種として知られている。ミミズトカゲはヘビに見た目がそっくりだが、驚くべきことにヘビではない。従来はヘビともトカゲともまったく異なるグループとされてきたが、遺伝子を分析した近年の研究では、トカゲの仲間(カナヘビ科)に近いことが示唆されている。(参考記事:「脚のない盲目トカゲを発見、カンボジア」

妖精? 妖怪?

 およそ200種いるミミズトカゲは、3種を除いて肢をもたない。小さな前肢をもつ3種はいずれもフタアシミミズトカゲ属だ。彼らは穴を掘るのに適した平らな前肢をもち、地下で緩い土の中を進むときに使っている。移動には、前肢と、うねるような体の動きの両方を使う。(参考記事:「3本の尻尾を持つトカゲが見つかる、コソボ」

 長さは20センチメートルほどしかなく、地中に暮らしており、淡いピンク色をしている。地表近くに張られた根の間に潜み、主に昆虫をエサにしている。(参考記事:「地中の悪魔の虫、不気味な新種」

 1980年代に行われた最初のアホロテトカゲのフィールド調査では、収集された2000匹を超す個体のうち、地表で発見されたのはわずか3匹だった。ルエイン氏が遠征中に2匹を見つけて大喜びしたのはそのためだ。

 アホロテトカゲは実際には珍しいものではないが、日の当たらないところで生活しているため、その姿を見たいと思っている人は見つけると驚き、興奮する。とはいえ、この足のないトカゲがこの地域で必ずしも愛されているわけではない。地元の人たちが呼ぶ「アホロテ」という名称には、「妖精」や「妖怪」といった意味がある。(参考記事:「動物大図鑑 メキシコサラマンダー(アホロートル)」「【動画】メキシコサラマンダーが絶滅の危機」

 この動物にまつわる民間伝承は、せいぜいがいい加減なものだ。中には、人がトイレでしゃがむと、アホロテが2本の前肢を使ってある「穴」を這い上がってくるのだと心配する人もいる。(参考記事:「メスしかいないサラマンダー、驚きの利点判明」

 この話には何の根拠もないものの、ルエイン氏は自分が見つけた2匹のアホロテトカゲを見せたとき、何人もの地元の人がこの話を持ち出したと言って笑った。「とても有名な噂のようですね」

文=Shaena Montanari/訳=山内百合子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加