【動画】人も怖いがピューマも怖い、声で逃げ出す

ラジオの声で実験、仕留めたばかりの獲物を捨てて逃げるほど

2017.06.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】人間の声を聞いて逃げるピューマ。(解説は英語です)

 ピューマにラジオの政治討論の声を聞かせると驚いて逃げ出す――そんな論文が科学誌「英国王立協会紀要B」に掲載された。

 人間は、自然の中でピューマに遭遇することを恐れている。しかし、ピューマはそれ以上に恐ろしいようで、人間の声を聞いただけで仕留めたばかりの獲物を捨てて逃げるほどだ(通常、ピューマは数日にわたってその獲物を食べる)。

 人間という「最上位捕食者」の声を聞いたピューマは、食事の時間を半分以下で切り上げて逃げ出すことが多くなる。そして、その場所に戻ってくるまでの時間も長くなる。(参考記事:「【動画】ピューマの赤ちゃんが誕生、米LA郊外」

ピューマに人間の声を聞かせる実験

 この調査が行われたのは米国カリフォルニア州のサンタクルーズ山地。開発の進んだ地域なので、ここで暮らすピューマにとって人間社会との接触はほぼ避けられない。(参考記事:「ロサンゼルスの住宅地にクーガーが出没」

 以前の研究から、この地域のピューマの捕食活動は他の地域に比べて36%多いことがわかっていた。そこで科学者たちは、その原因を解明するための調査を始めた。

 まず、ピューマに取りつけられたGPSから、2015年12月から2016年6月までの期間に狩りが行われた場所を特定した。次に、ピューマが前の夜に通った場所にスピーカーを置き、センサーが反応すると政治討論番組が流れるようにした。17頭のピューマに対して29回実験を行ったところ、83%の確率でピューマは逃げ出した。

次ページ:カエルの鳴き声が流れるようにすると

  • このエントリーをはてなブックマークに追加