子犬の写真で異性の好感度アップと判明、写真5点

単身赴任や長距離恋愛に朗報!? 研究者も予想外の結果が明らかに

2017.06.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これは実験に使われた写真ではないが、子犬やウサギの写真を用いて、異性のパートナーへの好意を高められるかどうかを検証した。(PHOTOGRAPH BY JOSEPH H. BAILEY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 単身赴任や長距離恋愛で苦労しているって? そんな時はほら、子犬の写真をどうぞ。

 単なる気休めに聞こえるかもしれない。だが科学誌「サイコロジカル・サイエンス」に今週発表された新たな研究によると、子犬やウサギの写真を異性のパートナーの写真と一緒に見続けると、そうでない場合と比べて、パートナーへの好ましい想いが強くなることが明らかになった。(参考記事:「ヒトは無意識に異性を「嗅ぎ分ける」」

 この研究は米国防総省の資金援助のもとで行われた。部隊が各地に派遣されている間、長い間離れて暮らす家族への精神的な支援などが目的だ。(参考記事:「戦場で兵士を守る犬たち」

この研究は、兵士たちの派遣中にストレスに見舞われるパートナーへの支援として企画された。(PHOTOGRAPH BY HANNELE LAHTI, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 研究を主導した米フロリダ州立大学のジェームズ・K・マクナルティー氏はプレスリリースで「派兵の間、結婚しているカップルが別離のストレスに対処するための簡単な方法を概念化し、実験するよう依頼されました」とコメントしている。「関係を保つことが厳しい状況において、兵士などの人々を支援できる方法を開発していきたいと考えています」(参考記事:「爆風の衝撃 見えない傷と闘う兵士」

 マクナルティー氏らの研究チームは、結婚しているカップル144組(平均年齢28歳)を対象に実験を行った。どのカップルも結婚から5年未満であり、40%に子どもがいた。(参考記事:「声の低い男性は精子数が少ない?」

 6週間にわたり、一方のグループは、パートナーの写真と子犬など良いイメージの写真を組み合わせた一連の画像を3日ごとに見た。対して、もう一方のグループが見たのは、パートナーの写真と、良くも悪くもないイメージの写真(シャツのボタンなど)を組み合わせた画像だった。

6週間にわたり、参加者は各自の配偶者の写真と子犬など好ましい写真、または「素晴らしい」(wonderful)などの言葉を組み合わせた画像を何枚も続けて見せられた。(PHOTOGRAPH BY DAVID EDWARDS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 そして2週間に1度、カップルのお互いのパートナーに対する気持ちを調査した。すると、実験終了時の評価では、子犬などの好ましい写真を見た方のカップルは、パートナーにより好ましい想いを抱いており、結婚生活の質も向上していた。(参考記事:「脳は高度な働きで性的魅力を判断」

 マクナルティー氏は、「効果が出たことに、むしろちょっと驚きました」と話す。「評価的条件づけというこうした方法については、どの学説も効果があるはずだと示唆していました。ですが、人間の関係性に関する学説と、こんなに単純かつ結婚と関係のない方法が、結婚生活についての感じ方に影響するだろうかという考えから、私は懐疑的だったんです」(参考記事:「低身長の心理、仮想実験で調査」

「評価的条件づけ」によって、パートナーと子犬の写真を組み合わせた画像を見ていた人は、そうでなかった人に比べてポジティブな反応を見せることが分かった。(PHOTOGRAPH BY PAUL NICKLEN, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の発見は予備的なものだが、新しい条件づけによってさまざまな態度がどう影響を受けるのかを解明する土台になりえるとマクナルティー氏らは考えている。

 だが研究チームは、子犬の写真が結婚生活の難題を何でも解決してくれるわけではないと、注意を促すのも忘れていない。パートナーとの間で好ましい関係を築く一番の方法は、実際に好ましいふれあいをもつことだとマクナルティー氏は付け加えた。

子犬の写真で悪い行動が防げるわけではないが、今回の研究は、結婚生活のカウンセリングに役立つ新たな方法の可能性を示している。(PHOTOGRAPH BY BILL CURTSINGER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

文=Sarah Gibbens/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加