ウナギ闇取引を摘発、親玉は「ウナギ漁の父」

特別レポート:米国ウナギビジネスの闇(1)

2017.06.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「特別レポート:米国ウナギビジネスの闇」の1回目。アジアのウナギ需要がきっかけで、米国でもゴールドラッシュならぬ「ウナギラッシュ」が勃発、闇取引も横行している。米国東海岸のウナギビジネスを追った。

第2回 ウナギ版ゴールドラッシュに狂奔する漁師たち
第3回 米国のウナギビジネスに未来はあるか(6月22日公開)

米国メーン州バガダス川を遡ってくるシラスウナギを、アルバ・ウェンデル氏(43)が、タモ網でリズミカルにすくっていく。白い光だとシラスウナギが驚いて避けるため、緑のヘッドランプを使っている。「見えていなくても捕れますが、見るのが好きなんです」と話す。(PHOTOGRAPH BY SARAH RICE, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国東海岸を舞台にしたものとしては、過去最大級の野生生物の違法取引。その“親玉”と目される人物を訪ねたのは、2017年5月上旬の雨の夜だった。

 場所は米メーン州エルズワースにある、「クォンセット・ハット」と呼ばれるかまぼこ形のプレハブ小屋。その男、ビル・シェルドン氏は、緑色の大きな机に向かい、回転いすに深く腰掛けていた。

 現地で「ウナギ漁の父」とも言われるシェルドン氏は昼も夜も、ここで漁師たちを待っている。漁師たちがやって来ると、くねくねと動くウナギの稚魚(シラスウナギと呼ばれる)で事務所のボウルはいっぱいになる。(参考記事:特集「ウナギの不思議」

1ポンドあたり1250ドル

 72歳のシェルドン氏は、めがねを掛け、青いシャツにジーンズ、防水のブーツにL.L.ビーンの野球帽という出で立ち。携帯電話に着信があると、騒々しい音が鳴る。頭上の看板には、「シラスウナギ買います」の文字。今日の市場価格は1ポンド(454グラム)あたり1250ドルだ。

ビル・シェルドン氏。米国メーン州エルズワースで「メーン・イールトレード&アクアカルチャー」を経営し、シラスウナギを買い付けている。購入1件ごとに詳細をコンピューターのデータベースに記録し、小切手で支払う。違法取引防止のため、現金は使用不可だ。(PHOTOGRAPH BY SARAH RICE, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 小さなテーブルにデジタル表示の量りが置かれ、シラスウナギが入ったボウルがその上に乗せられる。近くに置かれたガラス瓶の中で、香り付きキャンドルに火がともっている。シェルドン氏いわく「魚臭さを消すため」だそうだ。

 落ち着いた物腰のシェルドン氏は、重大な犯罪に加わっているようには見えない。しかし、3月30日、シェルドン氏とティモシー・ルイス氏は、野生生物の違法取引で起訴された。10週間にわたるメーン州のシラスウナギ漁期が始まって、わずか1週間後のことだった。

 2人は無罪を主張した。

次ページ:そしてアジアの養殖池へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加