ロープなしで900mの絶壁を初登攀、米ヨセミテ

アレックス・ホノルド氏、岩壁エル・キャピタンをフリーソロで

2017.06.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】単独で、ロープなしで
北米最大の岩壁にフリーソロで初挑戦するアレックス・ホノルド氏。持ち物は、靴とチョークの入った袋だけ。900メートルの絶壁を、ロープも安全用具もなしに登る。ひとつ間違えれば、死を意味する。岩壁では超人の彼も、岩を降りればバン1台で生活する物静かで控えめな青年だ。

 ロッククライミングの世界では誰もがその名を知るアレックス・ホノルド氏が6月3日、米カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園内の有名な岩壁エル・キャピタンを、安全用の道具もロープも使わない「フリーソロ」と呼ばれる方法で登攀することに成功、クライミング史上まれに見る偉業を成し遂げた。

 挑んだのはエル・キャピタンの主要ルートの一つで、地上915メートルに達する「フリーライダー」。最後の緩やかなピッチはほとんど駆けるようにして登り切り、わずかに雲の浮かぶ青空の下、現地時間午前9時28分に頂上に到達した。全行程にかかった時間は3時間56分だった。(参考記事:写真「ヨセミテ エル・キャピタン」

 挑戦に先立ち、ホノルド氏は1年以上かけて米国、中国、ヨーロッパ、モロッコなど各地で訓練を重ねてきた。彼の計画を知っていたのはわずかな友人と仲間のクライマーのみで、決して他には口外しないことを誓っていた。

 ナショナル ジオグラフィックのドキュメンタリー番組を制作するため、ホノルド氏の長年のクライミングパートナーであるジミー・チン氏らの率いる撮影チームが、ホノルド氏の挑戦をカメラで追った。ホノルド氏は、昨年11月にもフリーソロで初挑戦を試みたが、1時間も経たないうちに、コンディションが好ましくないとして断念していた。

ヨセミテ国立公園エル・キャピタンへのフリーソロ初挑戦に備え、フリーライダーで訓練するアレックス・ホノルド氏。6月3日に行われたホノルド氏の歴史的挑戦は、ナショナル ジオグラフィックのドキュメンタリー番組と雑誌記事で特集される。(PHOTOGRAPH BY JIMMY CHIN, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

フリーソロ界の『月面着陸』

Lauren C. Tierney, NG STAFF; Charles Preppernau Locator Map Art: Clay Wadman SOURCES: Mark SynNott; Antoine Guerin, Battista Matasci, Michel Jaboyedoff, and Marc-Henri Derron, University of Lausanne.
[画像のクリックで拡大表示]

 ホノルド氏(31歳)の名を初めて世界にとどろかせたのは2008年、ヨセミテにあるハーフドームの北西壁とユタ州ザイオン国立公園のムーンライトバトレスへの登頂に、ロープなしで成功したことだった。

 どちらも難易度が高いことで知られているが、ロッククライミングの聖地とされるエル・キャピタンとは比べ物にならない。そのエル・キャピタンへフリーソロで挑戦するとなると、肉体的・精神的困難は想像を絶する。垂直の岩壁は、ドバイにある世界一高い超高層ビル、ブルジュ・ハリファよりも高い900メートル以上。ふもとの牧草地に立って見上げると、頂上近くのクライマーを裸眼で確認するのは難しい。(参考記事:「ブルジュ・ハリファに素手で登る男 アラン・ロベール」

「いわばフリーソロ界の『月面着陸』」と語るトミー・コールドウェル氏は、2015年にケビン・ジョージソン氏とともにロープと安全用の道具を使って、エル・キャピタンの最難関コースとされるドーンウォールを制覇した。道具といっても、岩を登るためのものではなく、あくまで安全のために用意したものだ(コールドウェル氏とジョージソン氏のように、登るためには道具を一切使わず、万が一滑落した時に体を支える目的だけでロープを着けるスタイルをフリークライミングという。一方フリーソロは単独で、ロープやその他の道具を使わず、失敗の余地を一切残さないクライミングスタイルのこと)。

ロープも安全用具も使わず、4時間近くかけてエル・キャピタンの単独登攀に成功したアレックス・ホノルド氏。(PHOTOGRAPH BY JIMMY CHIN)
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年末までには、ホノルド氏の偉業は世界中に知れ渡っていた。ナショナル ジオグラフィック誌の表紙を飾り、ほかにも数多くの雑誌やテレビ番組で紹介された。多数の企業スポンサーが付き、共同執筆した自伝はベストセラーとなり、世界各地の貧困社会を支援する非営利団体を立ち上げた。しかしそれでも、クライミングの歴史にはまだ満足な足跡を残していないという思いを抱いていた。(参考記事:「ヨセミテ 巨岩の絶壁に挑む」

次ページ:恐れをコントロールする能力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加