おそらく世界最高齢、43歳のナマケモノが死ぬ

野生環境での寿命の2倍生きたオーストラリア唯一のナマケモノ「ミスC」

2017.06.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】1974年生まれ、オーストラリア唯一のナマケモノだった「ミスC」。

 6月2日、知られている限り世界最高齢だったナマケモノ「ミスC」が死んだ。43歳だった。

 フタユビナマケモノ科に属するホフマンナマケモノのミスCは、同種のナマケモノの倍ほど生きていたが、高齢のあまり生活に支障をきたすようになり、人道的見地から安楽死させることになった。(参考記事:「約400歳のサメが見つかる、脊椎動物で最も長寿」

 オーストラリアのアデレード動物園のキュレーターで、環境保全や原生動物相を専門とするフィル・エインスリー氏は、声明の中で園を象徴する動物を失ったことに哀悼の意を表している。

「ミスCの治療には、かなり大規模な処置が必要となり、それでも死を先延ばしすることしかできない見込みでした。そのため、苦渋の決断でしたが、人道的見地から安楽死させることになりました」(参考記事:「ツイッターきっかけで緊急手術したサイ、運尽きる」

 ミスCは1974年生まれ。亡くなったときにはオーストラリアで唯一のナマケモノで、飼育員たちは世界最高齢だと考えていた。野生環境でのフタユビナマケモノの寿命は20年程度。ミスCの寿命がここまで長かったのは、飼育員たちの日常の世話によるところが大きいようだ。(参考記事:「かわいすぎるナマケモノの赤ちゃん、笑顔の奥には…」

 ミスCの訃報は、この43年の間に動物園を訪れた人々によって、大きな悲しみをもって受け止められている。

「これで、オーストラリアにナマケモノはいなくなってしまいました。このすばらしい動物を再び飼育したいと考えていますが、アデレード動物園やオーストラリアを家と呼べるナマケモノが現れるまでには、少し時間がかかるかもしれません」。エインスリー氏はそう述べている。

 ホフマンナマケモノは中米と南米が原産で、ホンジュラス、エクアドル、ペルー、ブラジル、ボリビアに生息する。世界で最も動作の遅い哺乳類といわれており、毛の中に藻類が生えることも珍しくない。ホフマンナマケモノは夜行性で、1日に15時間から20時間は眠る。(参考記事:「ナマケモノは交尾もゆっくり?」

【参考動画】2016年12月7日、ナショナル ジオグラフィックの写真家、ガブリエレ・ガリンベルティが、コスタリカのカウイタとプエルト・ビエホとの間の道路をゆっくりと横断するナマケモノを撮影した。車は、居住地の喪失や違法なペット取引と合わせてナマケモノの大きな脅威となっている。(解説は英語です)

 前足に生えた長い爪は、樹上での生活に便利だ。ナマケモノは食事、睡眠、交尾、出産などを含め、ほとんどの時間を樹上で過ごす。ホフマンナマケモノは死んでも木にぶらさがっていることで知られている。

 フタユビナマケモノは、ミユビナマケモノとは異なり、飼育は難しくない。現在、ホフマンナマケモノは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで低危険種(least concern)に分類されているが、居住地の喪失や違法なペット取引で野生での生息数が減少しており、予断は許されない。(参考記事:「ナマケモノは小さな生き物たちのスローでエコで暖かい「宇宙」だ」

文=Sarah Gibbens/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加