【動画】花粉を食べる珍しいゴキブリ、授粉も?

「この昆虫について知ってもらう機会を提供したい」と研究者

2017.05.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】花粉を食べるゴキブリ(解説は英語です)

 ゴキブリといえば、まるで都市生活の災厄のような扱いを受けているが、ほとんどの種は街中に生息しているわけではない。

 世界約4500種のゴキブリのうち99%以上が、ブラジルの熱帯雨林からサウジアラビアの砂漠まで大自然のなかで育ち、生態系において重要な役割を果たしている。(参考記事:「南米の光るゴキブリ、有毒昆虫を擬態」

 新たな研究で、チリ中部に生息するゴキブリMoluchia brevipennisが花粉をエサにしていることが判明、ブラジル昆虫学会誌「Revista Brasileira de Entomologia」に発表された。植物の授粉を担っている可能性もあるという。

「ゴキブリは路上やゴミの中にいると思われていますが、背の高い花の上で過ごす野生種もいるのです」と、論文の共著者でチリのメトロポリタナ・デ・シエンシアス・デ・ラ・エドゥカシオン大学の昆虫学者、クリスティアン・ヴィラグラ氏は語る。

キク科のHaplopappus foliosusの花にゴキブリがとまる。(Photograph Courtesy Constanza Schapheer Carrasco)
[画像のクリックで拡大表示]

 授粉を担うゴキブリは極めて珍しい。知られているのは2種のみで、1種は南米のフランス領ギアナ、もう1種はボルネオ島のマレーシア領にいる。

 論文では野生のゴキブリに関する研究の少なさにも言及している。アリやミツバチといった昆虫に関する論文が何万とあるのに対し、野生のゴキブリに関する学術論文は、2000年から2016年の間に178本しかないという。

「子どもはゴキブリを怖がりませんが、大人になるとゴキブリを見て取り乱すようになります」と、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるヴィラグラ氏は話す。「この昆虫について知ってもらう機会を提供したいと考えています」

エネルギー豊富なごちそう

 ヴィラグラ氏らのチームは、チリの半乾燥地帯でこのゴキブリM. brevipennisの調査を史上初めて実施した。その結果、このゴキブリが夕暮れ時に姿を現し、マツヨイグサの仲間などの在来植物の花粉を食べること、プヤと呼ばれるアナナス科の植物にのみ卵を産みつけることを突きとめた。

 昆虫が花粉を食べるのは、「エネルギーが非常に豊富で、美味しいごちそう」だからと、米アリゾナ大学の昆虫学者ケイティ・プルディック氏は説明する。すると、花粉を食べている間に昆虫の体や顔に花粉が付着、次の花に止まったとき、体に付いた花粉の一部が雌しべに落ちるのだ。(参考記事:「授粉にまつわる植物と動物の驚異の生態」

チリの冬、木の幹で休む若いゴキブリ。(Photograph Courtesy Constanza Schapheer Carrasco)
[画像のクリックで拡大表示]

 昆虫と植物の相互作用を実際に観察するには骨の折れる実験が必要だが、ゴキブリが本当に植物に授粉しているのかを調べようという計画が進んでいる、とヴィラグラ氏は話す。

 プルディック氏も、今回のゴキブリの生活は植物と密接に関連しているため、授粉を担っている可能性はあると考えている。「不潔な生物と思われているものが、植物の繁殖に大いに役立っているかもしれません。ゴキブリは叩き潰したくなるだけの存在ではないと考えるのは楽しいことです」(参考記事:「【動画】女性の頭から生きたゴキブリを摘出、インド」

 あまり知られていないが、ユスリカやフンコロガシ、アブ、そして蚊も花粉を媒介していると、プルディック氏は付け加えた。同氏は今回の研究には参加していない。(参考記事:特集「花粉の運び屋たち」

 花粉を媒介していようといまいと、ゴキブリは生態系において重要な存在だ。多くの種が、腐りかけの有機物を大量に食べることで、自然のリサイクルを行っている、とヴィラグラ氏は言う。

 チリで観光インフラの開発が進むことで、昆虫や植物の生息地を脅かすのではないかと同氏は懸念する。「チリでは、政府機関が出資して最先端の科学研究に力を入れています。しかし、自然誌の中にまだまだ発見されていないことがあるという事実を忘れてしまっているのです」

文=Christine Dell'Amore/訳=山内百合子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加