ハーバード教授が説く、人生に必要な「5つの問い」

卒業式でのスピーチがネットで大反響! そこに学ぶ人生哲学とは

2017.05.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PHOTOGRAPH BY COREY ARNOLD, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE
[画像のクリックで拡大表示]

 米ハーバード大学で教育学大学院長を務めるジェームズ・ライアン氏が2016年に同校の卒業式で行ったスピーチは、式に参加していた卒業生のみならず、インターネットを通じて多くの人々の共感を呼んだ。このスピーチにおいてライアン氏は、人生を歩むなかで我々が常に心に留めておくべき「5つの問い」について語っている。

 1つ目の問い「Wait, what?(待って、どういうこと?)」には、立ち止まって物事の意味を明確にし、理解を促す効果がある。2つ目の問い「I wonder...?(~なのはなぜだろう?)」は、好奇心を呼び起こす力を持つ。3つ目の「How can I help?(どんな手助けをしたらいいだろう?)」は、人に手を差し伸べる際に忘れてはならない心構えを思い出させてくれる。4つ目の「Couldn't we at least...?(少なくとも~できるのでは?)」は、行き詰った状況を打開するきっかけを作る。そして5つ目の「What truly matters?(本当に重要なことはなんだろうか?)」は、日々の雑事に追われるなかで忘れてしまいがちな、人生の本質に関する問いだ。

 スピーチを収めた動画の再生数は現在までに8500万回を超え、ライアン氏はこの内容を基に書籍『Wait, What? And Life's Other Essential Questions(待って、どういうこと? 人生における重要な問いの数々)』も執筆した。「問い」を持ち続けることの重要性について、ライアン氏に聞いた。(参考記事:「27年一度も人と接触せず、ある森の「隠者」の真相」

――卒業式のスピーチを聞いた人たちからは、どのような意見が寄せられていますか。

 米国中のあらゆる階層の人々から、私の「問い」が非常に役立ったという感想をもらっています。これはうれしい驚きでした。学校で教える先生方は、私の問いを授業に取り入れているそうです。企業の管理職に就いている方のなかには、私の問いを基に研修を行ったという人もいます。弁護士、裁判官、牧師の方からも感想をいただいています。私の問いはごくシンプルなものですが、実際に使ってみると、それが会話のきっかけを作ったり、会話を発展させたりするうえで非常に有効であることに気づくでしょう。

 正直なところ、共感を呼びすぎて少々困ったこともありました。たとえば「Couldn't we at least...?(少なくとも~できるのでは?)」という問いは、特に職場では非常に有効であり、私はしょっちゅうあの問いを発して同僚をうるさがらせています。その結果、まさかその同僚から「今度からうちの職場のモットーは『Couldn't we at least』になったから」と告げられる日が来るとは思っていませんでした。

――「I wonder...?(~なのはなぜだろう?)」についてお聞きします。この問いが重要なのは、ある物事に関して、その理由や別の可能性を考えてみることが、自分の周りの世界について多くを知り、人生を豊かにすることにつながるからだとされています。また本の中では、好奇心を持つことは健康にも役立つとも書かれていますね。これについて具体的に教えてください。

 好奇心を持つことの多様な健康効果に関しては、社会科学の分野でいくつもの論文が書かれています。その効果は、気分が良くなるといった程度のものから非常に重大なものまでさまざまです。好奇心旺盛な人は、そうでない人よりも行動的であることを示す研究もあります。人が誰かに対して興味を持っていることを態度で示した場合、相手はその人をより魅力的だと感じる傾向にあります。これは必ずしも肉体的な意味ではなく、総体的な意味で惹かれるということですが、あなたが相手に興味を示すことが、そのきっかけとなるのです。

 また、好奇心旺盛な人は不安を持ちにくい傾向にあることも証明されています。そう聞くと「鶏が先か卵が先か」という言葉を思い出す人もいるかもしれません。確かに不安が少ない人は好奇心を持ちやすい傾向にあり、そもそもの原因がどちらであるかを特定することは容易ではありません。一方でこれは、確かな事実でもあるのです。新しい環境に置かれて、ミスをする機会が増えると考える人よりも、これは成長のチャンスだと捉える人のほうが、不安は少ないでしょう。

 私は社会科学者ではありませんから、こうした研究の信憑性について確実なことはわかりませんが、好奇心旺盛な人は長生きであることを示す証拠も見つかっているそうです。その理由はおそらく、好奇心を持っている人は、それだけ世界と深く関わることになるからではないでしょうか。孤独でいるよりも、そうした関わりを持つことが長寿につながることを示す証拠はたくさんあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加