「サンゲイザー」(太陽を見つめる者)の異名を持つ、竜さながらのオオヨロイトカゲ。原産地の南アフリカで、生息地と個体数が減少している。(PHOTOGRAPH BY SHIVAN PARUSNATH)
[画像をタップでギャラリー表示]

 スマウグが危機に陥っている。といっても、J・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』に登場する邪悪な竜ではない。災難に見舞われているのは、とがったうろこをまとい、まさにミニチュアの竜といった風貌のオオヨロイトカゲ(Smaug giganteus)だ。科学者によると、密猟や開発のせいでオオヨロイトカゲが激減しているという論文が科学誌「Journal for Nature Conservation」に発表された。(参考記事:「地球温暖化でトカゲ類2割が絶滅の恐れ」

 トールキンが創作したスマウグは巨大な火の竜だが、オオヨロイトカゲは炎を吐いたりしないし、体も練り歯磨きのチューブよりわずかに大きい程度だ(それでも近縁種のトカゲの2倍の大きさなので、「巨大な」を意味する「ギガンテウス」の名がついている)。(参考記事:「21世紀に生きる“ドラゴン” コモドオオトカゲ」

 誇りあるドラゴンのように、オオヨロイトカゲも重装備に身を包んでいる。鋭く、骨のように硬い突起が体を覆い、狙ってくるジャッカルや鳥を寄せ付けない。おかげで、悪気のない研究者も痛い目に遭う。「数え切れないほど、何度もけがをさせられました」と話すのは、論文の著者の1人である南アフリカ、ウィットウォータースランド大学のシバン・パルスナス氏だ。氏はナショナル ジオグラフィック協会の助成を受け、同国東部の草原にすむオオヨロイトカゲを研究している。(参考記事:「【動画】血の涙で攻撃! ツノトカゲ、驚異の護身術」

ペット取引がオオヨロイトカゲに打撃を与えている。地元では媚薬の原料として捕獲されることも多い。(PHOTOGRAPH BY SHIVAN PARUSNATH)
[画像をタップでギャラリー表示]

 オオヨロイトカゲの装甲は捕食者には有効だが、生息地を分断する道路や農場からは身を守れない。伝統的な媚薬を作ろうとオオヨロイトカゲを捕まえる地元住民からも逃れられないし、荒々しい美を珍重するあまり違法採集に加担する爬虫類マニアに対してもなすすべがない。(参考記事:「地球と生きる 売られる野生動物」

「この種は今、急速に数を減らしています」とパルスナス氏は言う。ドイツ、ヘルムホルツ環境研究センターの保全科学者で、今回の研究には参加していないマーク・アウリヤ氏も同意し、「今の状況が変わらなければ、オオヨロイトカゲは今後5~10年で絶滅するでしょう」と断言する。

 太陽を仰ぎ見るように日光浴をする習性があり、その姿から「サンゲイザー(太陽を見つめる者)」とも呼ばれるオオヨロイトカゲは、詳しい科学的研究が何十年も行われずにいた。そこでパルスナス氏らの研究チームは完全な分布目録を作ることを目指し、1970年代に巣穴が見つかった80カ所近い地点を訪れた。

 その結果、オオヨロイトカゲは現在、南アフリカの約1149平方キロの範囲に生息していることが判明。アウリヤ氏によると、これは以前の分布域のおよそ3分の1だという。さらに悪いことには、1978年にオオヨロイトカゲがすんでいた地点のうち3分の1で生息が確認できなかった。

 調査中、研究チームがドラゴンの代わりに見つけたのは、わな、かぎ状のワイヤー、荒らされた巣穴といったドラゴン狩りの痕跡だった。チームはある営巣地点を選んで野生個体の定点観測を試みたが、2016年末に、巣穴の多くが何者かによって掘り広げられ、巣の主は消えていた。「本当に衝撃的でした」とパルスナス氏は振り返る。(参考記事:「伝説の大洪水と巨人、竜は実在したか」

次ページ:伝統的な媚薬かペットの闇取引に