まるで「星の万華鏡」、夜空を行進する天の川を撮影

オーストラリア南部で撮られた、心を奪う美麗フォトギャラリー

2017.05.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリアの夜空に広がる天の川。写真家クリスチャン・サッセ氏が60分おきに撮影した写真を合成したもの。(PHOTOGRAPH BY SASSEPHOTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 無数の星が密集する天の川が、夜空に円を描くようにいくつも連なっている――写真家クリスチャン・サッセ氏がそんな美しい写真をオーストラリア南部で撮影、ツイッターに掲載した。

 地球は、天の川銀河の中心から延びた「腕」のひとつに位置する。一方で、地球から見た天の川銀河は、天の南極(または天の北極)の周りをぐるぐる回る星の集団として見える。(参考記事:「太陽系含む銀河系の「腕」、4倍も大きかった」

 ツイッターに載った写真は、サッセ氏が4月28日に10時間以上かけて撮影したもの。天の川を50分ごとに露出時間30秒で撮影した後、「Startrails」というソフトを使って重ね合わせ、最後に「PhotoShop」を使って合成・編集した。

「南半球の空は、いろいろな点で魅力的です」と、サッセ氏。彼はニューサウスウェールズ州にあるサイディング・スプリング天文台のそばに、撮影機材を設置した。「夜中、望遠鏡が観測する対象を変えるたび、ドームが低い音をたてて動いていました」

原始の空を求めて

 カナダのバンクーバーを本拠としているサッセ氏は友人に会うために、オーストラリアを訪ねた。小型のキャンピングカーを借り、撮影機材を車内に詰め込んだ後、目指した場所は「原始のままの空があり、夜は私1人になれるところでした。カンガルーがよく、のぞきに来て不思議そうに見ていましたよ」(参考記事:「天の川見えない人口、欧州60%、北米80%」

 確かに、南半球では美しい天体が数多く見られる。太陽系に最も近い恒星系として知られるアルファ・ケンタウリ、4つの明るい星からなる南十字星、暗黒星雲のコールサック、そして大、小マゼラン雲などだ。「北半球にいるとき、私はまず南を見ますし、南半球にいるときも、やっぱり南を見ます」と、サッセ氏は言う。(参考記事:「アルファ・ケンタウリに宇宙船を!ホーキング博士らの超高速宇宙探査計画」

 星の軌道を表すときはたいてい似た方法が使われる。天の南極もしくは北極を中心とした同心円として表現する方法だ。サッセ氏も、最初はそのやり方を試みて、一晩で約1250枚の写真を撮って合成した。しかし、このやり方では天の川の形が消え、同時に夜空の美しい模様も失われてしまうことに気がついた。

30秒おきに撮影した天の川の写真を合成した。星の軌跡は明確になるが、天の川の詳細は失われる。(PHOTOGRAPH BY SASSEPHOTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで今度は、撮影のインターバルを変えて試してみたところ、驚くほど美しいものができた。(次のページ:フォトギャラリー「撮影インターバルを変えたいろいろな天の川写真」

「本来の美しさを備えた円形パターンが現れました。天の川の特徴がくっきりと出て、細かいところまで見えるようになりました。どの一瞬をとらえても、私たちの心を奪うほど美しい」と、サッセ氏は語る。

 生まれてからずっと夜空を見てきた私にとっても、これは今まで見たことのない、素晴らしい天の川だ。銀河の曼荼羅か、はたまた星々の万華鏡を思わせてくれる。(参考記事:「超精細な天の川画像、欧州の天文台が発表」

「自然の中の光のパターンに魅力を感じます。玉虫色をした鳥や魚、ワシの翼の構造にしても、回折角や反射角を少し変えるだけで輝きや色が変化します」。サッセ氏は光学の博士号を持っている。

 空に秘められた複雑なパターンを前にすると、私は畏敬と感謝の念に駆られる。南半球で陽の温かみが残る芝の上に身を投げだし、頭上で円を描くきらめくタペストリーをじっと眺めたい、と強く思った。(参考記事:「ハッブル望遠鏡 50の傑作画像」

次ページ:フォトギャラリー「撮影インターバルをいろいろ変えてみたら」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加