ナショナル ジオグラフィックに潜入したナチス

ナショジオ史上最悪のスキャンダル(前編)

2017.05.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1937年、「ナショナル ジオグラフィック」誌に掲載されたダグラス・チャンドラーのベルリン特集記事より。ナチス支配下にあって満足そうな市民の様子が描かれている。(PHOTOGRAPH BY DOUGLAS CHANDLER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 1941年4月のある晩、ドイツから世界に向けて奇妙なラジオ番組が流れ始めた。米国の短波放送のリスナーたちが耳にしたのは、自分たちの国の民謡「ヤンキードゥードゥル(アルプス一万尺)」と、走る馬の蹄の音、そして男性の声だった。「今夜から、米国人オブザーバーである私が新番組を担当します」

 それから土曜日を除く毎晩、ポール・レベルと名乗るこの人物は、反英、反米、ナチス支持の強烈なプロパガンダを言い続けた。(参考記事:「20世紀の戦争プロパガンダ地図12点、敵はタコ」

 放送開始から約1カ月後の1941年5月26日の夜には、レベルは52回目の誕生日を迎えたことを公表し、この日自分は「世界で最も成功した人物、アドルフ・ヒトラーと同じ歳」になったと語った。続いて、本名はダグラス・チャンドラーといい、「ナショナル ジオグラフィック」誌に記事を寄稿していると打ち明けた。(参考記事:「ヒトラーが最後の日々を過ごした地下壕」

1947年、反逆罪に問われ、ボストンでの裁判に出廷するダグラス・チャンドラー(左)。(PHOTOGRAPH VIA AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 チャンドラーの反米ラジオ放送を聴いた読者から、米国の首都ワシントンD.C.にある編集部には問い合わせが殺到。また、編集者の間では、「ナチ党員『ポール・レベル』はメリーランド州ボルチモア出身」と見出しがついたワシントンポスト紙の切り抜き記事が回覧されていた。(参考記事:「少年がナチス時代の戦闘機を発見、自宅の裏で」

 ナショジオとFBIは、実はその前からチャンドラーとナチスとの関係について捜査していた。だが、チャンドラーがラジオで自ら正体を明かしたため、ナショジオのライターがナチス支持を表明したとして米国は大騒ぎとなってしまった。(参考記事:「第二次大戦中のナショナル ジオグラフィック協会の日常」

ナショジオでチャンドラーが描いたナチスドイツの明るい日常、写真10点
フォトギャラリーはこちら(PHOTOGRAPH BY DOUGLAS CHANDLER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

大恐慌で財産を失いナチスに傾倒

 1889年にシカゴで生まれたチャンドラーは、第1次世界大戦中に米国海軍に従軍した。その後は主にかみそりや化粧クリームなどのセールスに手を出していたが、1920年代後半になって株式仲介業で成功を収める。ところが時機が悪く、間もなく起こった世界恐慌によって自分の貯金に加えて、裕福だった妻の財産までも失ってしまった。

 そこで彼はジャーナリズムに転向し、ボルチモア・ニュース・アメリカンという新聞社に就職してニュースコラムを執筆した。友人や編集者、軍時代の仲間からは、チャーミングだが傲慢な面があると言われていた。チャンドラーの著作物や交友関係をたどっていくと、次第に米国の現状に失望し、自分の失敗はユダヤ人のせいだと考えるようになっていったことがうかがえる。

「ポール・レベル」のラジオ放送

 1931年、チャンドラー夫妻と2人の娘はフランスへ渡る。そこでチャンドラーは夢中になれるものをふたつ見つけた。ひとつは写真、そしてもうひとつはナチズムである。チャンドラーは間もなくドイツ製のカメラを購入し、フリーランサーとしてのキャリアを歩み始めた。そして初めてドイツを訪れて、歴史家ジョン・カーバー・エドワーズ氏の著書『Berlin Calling:American Broadcasters in Service to the Third Reich(ベルリンの呼び声:第三帝国へ仕えた米国人ラジオパーソナリティ)』によると、ミュンヘンにあったナチス出版局の総領事と補佐官に紹介された。総領事はチャンドラーをナチスのダッハウ強制収容所へ案内した。チャンドラーは清潔な収容所の建物に感心し、米政府がドイツの状況を歪曲して伝えていると信じるようになった。(参考記事:「4万2千カ所確認、ナチス収容所新調査」

次ページ:ナショジオの歴史のなかで最も不名誉な記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加