【動画】クジラの背中から撮影、南極海の迫力映像

採餌行動、深海への潜水、社会的交流などが「クジラ目線」で観察可能に

2017.05.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】クジラの背中に取り付けたカメラで撮影した驚異の映像(解説は英語です)

 南極海を泳ぐ体重40トンのクジラの目線から世界を見るには、小さな虫のような装置が役に立つ。

 南極大陸のジェルラシュ海峡。強い風が吹き荒れるその日、私たちが乗り込んだ黒いゴムボートは、海面に静かに浮かぶザトウクジラに近づいていった。アリ・フリートレンダー氏が担いでいる長い竿には、バッタの触角のようなアンテナと吸着カップの足を備えた、こぶし大のカメラが乗っている。この装置には衛星タグがついていて、位置も測定できる。周囲にあるのは、そびえ立つ氷山と、氷河に覆われた山々。冷たい海からは、ペンギンたちが弧を描いて出たり入ったりしている。ザトウクジラは数秒ごとにいびきのような大きな音を立てて呼吸をしている。(参考記事:「極めて異例、ザトウクジラ200頭が南ア沖に集結」

 4.5メートルほどのところまで接近したフリートレンダー氏は、竿の先端につけたカメラをクジラの背中に近づけて、体に吸着させた。吸着カップがクジラの皮膚を傷つけることはないが、驚いたクジラは体を震わせて海に潜っていった。こうして、クジラの目線から見た海中世界の記録が始まった。この記録は、変わりゆく南極海のクジラの生態に関する私たちの知識を更新するのに役立つはずだ。(参考記事:「バイオロギングで海洋動物の真の姿に迫る」

 南極半島の西岸で、ザトウクジラに衛星タグとビデオカメラを取り付けられる機会は、年に6~8回しかない。測定装置はクジラの動きを追跡し、クジラの目の前に現れるすべてのものを撮影。24~48時間後に、クジラの体から離れて海面に浮かび上がる。科学者はGPSを利用して装置を回収し、記録された映像を確認する。

 ナショナル ジオグラフィック協会のエクスプローラーで、オレゴン州立大学海洋哺乳類研究所の生態学者であるフリートレンダー氏は、「ザトウクジラについてはわからないことだらけです」と語る。「けれども今や、彼らの採餌行動、深海への潜水、社会的交流などを観察できるようになりました。まったく素晴らしいことです」(参考記事:「ナショナル ジオグラフィック エマージング・エクスプローラー」

 単純だが時間を要するこうした研究手法は、新しいデータを提供するだけでなく、世界中の冷たい深海を泳ぐザトウクジラがどんな1日を過ごしているかを明らかにしてくれる。この研究は、世界自然保護基金(WWF)の支援を受けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加