巨大ウサギが謎の死、ユナイテッド機でフライト中

ギネス記録もつ大ウサギの子、搭乗前診断では「すこぶる健康」だった

2017.04.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】大ウサギのダリウス
サイモンの父、ダリウスの体長は129センチ。サイモンはダリウスよりも大きくなると見られていた。(解説は英語です)

 英国ロンドンから米国のシカゴに向かっていた米ユナイテッド航空機で、体長約90センチの巨大ウサギ、サイモンが死んだ。コンチネンタル・ジャイアント・ラビットと呼ばれる品種で、世界一の大ウサギになる可能性もあった。(参考記事:「史上最大のウサギ化石を発見、スペイン」

 死因はわかっていないが、ウサギの専門家によると、輸送に伴うストレスが関係しているのではないかという。

 米国でウサギの愛護活動を行う団体ハウス・ラビット・ソサエティのプログラム・マネージャー、サンディ・パーシャル氏によると、一般に飛行機の貨物室は動物が快適に過ごせるよう設計されているものの、そうでない場合もあるという。

「加圧は飛行機全体で行われていますが、暖房はすべての場所で行われているとは限りません。かなり寒くなる場所もあります」とパーシャル氏。

 さらに危険なのは、搭載を待つ時間だ。滑走路や貨物用ベルトコンベアの上では、ペットが凍えるような寒さやアスファルトが吸収した熱にさらされることもある。

 ハウス・ラビット・ソサエティの理事、アン・マーティン氏は、騒音や揺れによるストレスも、死因の一つとなった可能性があるという。「ウサギは捕食者によく狙われる動物なので、近くで犬が吠えるだけで心臓発作を起こすほどのストレスを感じることがあります」(参考記事:「ネコは撫でるとストレスを感じる?」

 パーシャル氏もマーティン氏も、ウサギは可能なら機内に持ち込んで座席の下に入れるか、車などの別の手段で運ぶことを勧めている。

優しい大ウサギ

 体を大きくするなど、品種改良で特殊な性質をもった動物は、遺伝的な問題をもつことも多い。それがストレスに対する耐性を弱めていた可能性もあると、マーティン氏は言う。(参考記事:「ブルドッグが危機、遺伝的に似すぎ」

 英タブロイド紙「ザ・サン」によるインタビューのなかで、サイモンを育てたアネット・エドワーズ氏は、フライトの3時間前に受けた獣医の診断では、サイモンは「すこぶる健康」だったと答えている。

 生後10カ月のサイモンは、米国でペットとして飼われる予定だった。サイモンの父ダリウスの体長は129センチで、ギネス認定世界記録保持者だ。サイモンは、父を超える大きさに成長する可能性があると予測されていた。(参考記事:「世界最大のワニ、ギネス認定」

 コンチネンタル・ジャイアント・ラビットは、フレミッシュ・ジャイアント・ラビットの子孫と考えられているが、このウサギは16世紀のヨーロッパの記録に登場しており、1890年代にはベルギーから米国に輸入されている。

 米メリーランド州ボルチモアにあるメリーランド動物園によると、この品種のウサギは「優しい大ウサギ」と呼ばれており、非常におとなしいことから、特に小さな子供向けのペットに適しているそうだ。なお、本記事の公開時点では、ユナイテッド航空はサイモンの死因についての公式発表を行っていない。(参考記事:「【動画】子を襲われた母ウサギが、ヘビに猛反撃」

写真集『うさぎ島 会いに行けるしあわせ動物』

野生のうさぎが700匹! 瀬戸内海のちいさな島でのびのびのんびり暮らすうさぎたちを、しあわせ動物写真家・福田幸広さんが撮影。もふもふラブリーなうさぎの魅力満載。
定価:本体1,600円+税
福田幸広 著

ナショジオストア アマゾン

文=Sarah Gibbens/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加