【動画】道具を使うタコ、貝殻を身を隠す盾に

メジロダコの生態をとらえた珍しい映像

2017.04.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】貝殻を抱えて歩き、ときにその中に身を隠すメジロダコ。(解説は英語です)

 インドネシアのレンベ海峡で、ダイビング中に撮影された1匹のメジロダコ。怖いもの知らずのこのタコは、身を守るために二枚貝の殻を抱えて歩き、カメラを構えるダイバーに向かって突進してくる。

 獲物を狩るときに無防備になるのを避けるため、メジロダコは大変な苦労もいとわずに護身用の貝殻を引きずって歩く。こうした行動は、カムフラージュやスミ吐きと同様、固い外骨格を持たないタコが海で生きていくための工夫だ。(参考記事:「メジロダコの不思議な生態:道具を使う」

 動画にはタコが動きを止める瞬間も映っており、静脈に覆われた袋のような茶色の外套膜や、その下からのぞく色が抜けたように白い、腕と体の接合部などを細かく観察することができる。(参考記事:「【動画】深海で幽霊のようなタコを発見、新種か」

 動画を撮影したフレデリック・モバーグ氏はこの時、金属の棒を持っていた。その棒を使い、貝の中に隠れているタコのそばで、いかにも砂の下に生物が隠れているかのような動きを作ってみせたという。

「タコはすぐにその動きに反応して(貝殻から)出てきました。そしてさらにぐいぐいとこちらに近づいてきたんです」

 モバーク氏によると、タコが接近してきたのが明るい照明のせいだったのかどうかは定かではないが、このときタコと直接接触することはなかったそうだ。(参考記事:「タコが写真を撮る動画が話題に」

【関連動画】数千匹の赤ちゃんが誕生、メジロダコの出産。(解説は英語です)
【参考記事】ナショナル ジオグラフィック 2016年11月号特集「きっと驚く タコの不思議」

文=Heather Brady/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加