木の皮を食べる若いマンドリル。マンドリルは高度な社会性を持ち、毛づくろいによって争いを静めたり、つながりを深めたりする。ガボンで撮影。(PHOTOGRAPH BY NORY EL KSABI)
[画像をタップでギャラリー表示]

 床に落ちた物は食べない。きちんと手を洗う。見るからに菌が繁殖した食べ物は避ける。どれも病気を避けるために私たちが行っている方法だ。同じように、アフリカに生息するマンドリルも寄生虫を防ぐ行動をとることが、4月7日付けのオンライン科学誌「Science Advances」に発表された。(参考記事:「動物大図鑑:マンドリル」

 ただし、マンドリルのやり方は少々芳しくない。文字通り、互いの糞のにおいをかぐのだ。(参考記事:「サルの睾丸、なぜ青い?」

 マンドリルは、糞のにおいで体内に寄生虫がいるかどうかがわかるという。もし感染した者がいると、その個体への毛づくろい(グルーミング)を避ける。(参考記事:「サイのウンチはソーシャルメディアだった」

 マンドリルにとって、毛づくろいには大きな意味がある。争いを静め、関係を築くだけでなく、毛や皮膚に害虫が付くのを防ぐ役割もある。だがこの社会的な行動によって、大腸菌のほか、赤痢を起こす細菌などの寄生生物が広がることもある。(参考記事:「世にも恐ろしい 心を操る寄生体」

「胃腸の中に寄生する寄生虫が毛皮でも見つかりました。ですから、寄生虫を持つ個体の毛づくろいをするのは危険な行為です」と語るのは、この研究を主導した生態学者、クレメンス・ポワロット氏だ。氏は、多国間のコラボレーション「マンドリルス・プロジェクト」に参加し、世界で唯一人間に慣れている野生のマンドリルの群れを研究している。

 ポワロット氏らのチームは、ガボンのサバンナや熱帯雨林を歩き回る約150頭のマンドリルの集団を、2年以上かけて研究した。

「この群れは人間にとても慣れていて、私たちを全く気にしません。彼らの生活に起こることをひたすら観察する特権にあずかれます」とポワロット氏。

「彼らと過ごした日々はどれも、これまでの人生でやってきたことの中で最高に楽しかったと言えるかもしれません」

次ページ:紙は使っても、便器には触らない