【動画】ライオンが奪ったカメラに写っていたのは

母親に運ばれる子ライオンはきっとこんな気分?

2017.04.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】ライオンにくわえられたら、見えるのはきっとこんな光景

 ネコと同じように、ライオンの母親も子どもをくわえて運ぶことがある。そんな子ライオンの気分を味わえる動画が公開された。「よだれでベタベタだよ」と泣き言のひとつも言いたくなるかもしれない。

 動画に映っている2頭の雌ライオンは、ともに推定4~6歳。少なくとも1度は子どもを産んでいるだろう。実際、最初のライオンは乳が出ているように見えることから、この群れには1、2頭の子ライオンがいて、このGoProカメラと同じように唾液まみれにされているにちがいない。(参考記事:「【動画】川で遊ぶクマを至近距離で撮影した」

 ガイドで野生生物写真家のクリストフ・シェーマン氏がこの動画を撮影したのは2014年、南アフリカ共和国のクルーガー国立公園でサファリを先導しているときだった。ライオンたちの通り道とおぼしき場所のわきにカメラを備え付け、離れて観察していると、この雌ライオンが方向転換してカメラに近づいてきた。

「怪しいものがあったので拾い上げて、もっとよく調べられる場所に運んでいるだけでしょう」と、長年アフリカでライオンの研究をしている生物学者クレイグ・パッカー氏がメールで解釈してくれた。

「本当はカメラをくわえてほしくはないのですが」というのがシェーマン氏の正直な気持ちだ。「主な目的はライオンたちの自然な行動を間近で記録することであって、行動を変えさせたくはないですから」(参考記事:「「同性愛ライオン」がネットで話題、真相は」

「虫歯」も見えた

 とはいえ、ネコにだって好奇心がある。

 この動画は、なかなかお目にかかれない至近距離からのプライベートな姿を見せてくれたほか、保全学者ルーク・ダラー氏はライオンを健康診断するチャンスも得られた。

「最初の雌ライオンは健康そうな歯をしています。これはよい兆候です」とダラー氏。しかし、もう1頭は、1本の歯に穴が開いているように見える。「これが管理下のライオンなら、獣医はこの犬歯を調べ、感染や化膿のおそれがあるなら抜歯を検討するでしょう」

 ライオンの管理は、南アフリカでは複雑な問題だ。一定の規制はあるものの、飼育下および野生のライオンの狩猟が合法的に行われている。

 シェーマン氏が働くロッジで提供しているのはライセンスを持ったガイドによる観光トレッキングだけだが、この国には100を超す動物牧場があり、「トロフィーハンター」(食べるためではなく趣味として狩猟をする人たち)が1人数万ドルで飼育下のライオンをハンティングできる。(参考記事:「なぜライオンは今も狩猟の対象なのか?」

 シェーマン氏にとって価値があるのは、そんなことではない。サファリでは「人に何かを教えることができます」と言う。「この動物を生まれて初めて見て、本当に涙を流す人に立ち会うこともあるのです」

【参考特集】2013年8月号「ライオン 生と死の平原」
タンザニアのセレンゲティ国立公園で、群れの支配権をめぐって、命を奪い合う雄たち。その生と死の物語から、百獣の王ライオンの過酷な日常が浮かび上がる。

文=Rachel Brown/訳=山内百合子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加