【動画】「過酷な乱交」でヘビのオスが短命に?

1匹のメスに大量のオスが群がるガーターヘビの一種、カナダ

2017.04.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カナダ、マニトバ州で越冬するガーターヘビの大集団。ヘビが苦手な方は見ないでください。

 カナダ、マニトバ州では、そろそろ何千匹というヘビの大集団が冬眠から目覚めるころだ。このガーターヘビの一種(Thamnophis sirtalis parietalis)は、次に1匹のメスに大量のオスがくんずほぐれつ絡み合う「交尾玉」を作る。

 この奇妙な交尾戦略を一見すると、メスが危険に思えるかもしれない。メス1匹に対し、100匹を超すオスが1度に群がって交尾しようとすることもある。しかし、4月5日付けの科学誌「英国王立協会紀要B」に掲載された論文によれば、長期的にはオスの方が大きなダメージを受けているという。(参考記事:「こんなにうじゃうじゃいるのはなぜ? 野生動物が群れる理由」

「私たちの研究結果が示しているのは、オスはこうした激しい繁殖行動の代償に直面しているかもしれないということです。すなわち、染色体を保護しているテロメア(末端小粒)が短くなるのです」と話すのは、今回の論文の共著者で、スウェーデン、リンショーピン大学の博士研究員であるエミリー・ユーリグ氏だ。テロメアは染色体の末端にあり、老化が進むほど短くなる。

「オスのテロメアはメスよりも有意に短く、寿命も早く尽きてしまいます」

腹ペコのままで激しく競争

 毎年春に冬眠場所から出てくるとき、このガーターヘビは餓死寸前になっている。その後、メスは交尾玉に数日とどまってから、食べ物を探しに出かける。だが、オスたちにとって絶食はまだ始まったばかりだ。

 オスは1年の半分以上を冬眠して過ごす上、目覚めてからさらに2~4週間もものを食べられない。起き出してきたメスを待ち構えるためだ。合計するとオスは栄養補給なしで約8カ月過ごすことになる。

 加えて、大量のエネルギーを使ってオスは他のオスとの競争に勝たなければならない。ユーリグ氏は、遺伝子を残すこれらの必死の試みを「燃料なしで走る」ようなものだと話す。(参考記事:「【動画】毒ヘビの異種がメス争い、野生で交雑?」

 もし仮にメスもオスと同じくらいエネルギーを消費していたら、卵を作る余力がなくなってしまうかもしれない。メスがより慎重で長期的な戦略を採っているのはそのためだろう。メスが毎年春に交尾に費やす日数はわずか数日であり、2年間精子を体内に保存して使うことができる。(参考記事:「【動画】猛毒ヘビのもつれあう奇妙な格闘を撮影」

 ユーリグ氏ら論文の著者たちは、メスは年齢とともに多産になる一方、オスの生殖能力のピークは若く健康なときだとも指摘する。オスがメスより数年早く死んでも、個体数が減らないことはこれで説明できるかもしれない。

 今回の知見は、他のヘビの寿命に関しても参考になるのだろうか。米国魚類野生生物局の生物学者マイケル・レッドマー氏は、「こうしたことはばらつきが大きいので、明言は難しい」と言う。しかも、同じ種でも気候への適応や食べ物の好みといった特性は群れによって違うことがあり、寿命についても同様ではないかという。

「生活史を研究しやすいのは、同じ個体を生涯のうち何度も捕まえたり、識別したりできる動物の場合です」とレッドマー氏は話す。「したがって、ヘビの生活史には分からないことがまだまだあります」(参考記事:「幻のヘビを64年ぶりに発見、世界一希少なボア」

次ページ:死ぬまで交尾し続ける有袋類も

カナダ、マニトバ州で越冬するガーターヘビの大集団。ヘビが苦手な人は見ないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加