古代イスラエル、ソロモン王の銅山の証拠発見か

栄華極めた聖書の王、長距離交易の痕跡も、動物の糞を分析

2017.04.06
3000年前のロバの糞は、ソロモン王の銅山への手がかりとなるか。(説明は英語です)

 聖書に登場する王のなかでも、栄華を極めたことで知られるソロモン王。その富はどこからやってきたのかという長年の論争に、イスラエルのティムナ渓谷で発見された3000年前の動物の糞が新たな火種を加えようとしている。(参考記事:「古代イスラエル 消えた王国」

 乾燥した気候のおかげで現代まで状態良く残っていたその糞は、「奴隷の丘」と呼ばれる台地の上にある古代の鉱山跡で見つかった。ここには銅の採掘場や精錬場の跡が点在している。

イスラエルのティムナ渓谷にある「奴隷の丘」。この上の古代採掘場跡で、3000年前の糞が見つかった。(PHOTOGRAPH BY EREZ BEN-YOSEF AND CTV PROJECT)
[画像のクリックで拡大表示]

 イスラエルにあるテルアビブ大学の考古学者エレズ・ベン・ヨセフ氏は、2013年にこの場所で発掘調査を開始した。そして2016年、要塞門と城壁で囲まれた遺跡を発掘中に、動物の排泄物らしきものを発見した。(参考記事:「ラクダの家畜化は紀元前10世紀」

 排泄物にはまだ完全に腐りきっていない植物が混ざっていたため、発掘チームは比較的最近のものだろうと推測した。「どこかの遊牧民が、数十年前にヤギを連れてここで野営を張ったのではないかと思いました」と、ベン・ヨセフ氏はいう。「けれど、放射性炭素で年代を測定してみたところ、排泄物は紀元前10世紀のロバか他の家畜のものであるという結果が出たのです。とても信じられませんでした」

考古学的証拠を基に描かれた採掘場の想像図。(ILLUSTRATION COURTESY RONNIE AVIDOV AND THE CTV PROJECT)
[画像のクリックで拡大表示]

 驚くべきは、糞の古さや状態の良さだけではない。

「2013年にプロジェクトを始動するまで、この採掘場は紀元前13世紀から12世紀初頭の青銅器時代後期のもので、新王国時代のエジプトと関わりがあったと考えられていました」と、ベン・ヨセフ氏。この時期に、エジプト人がこの場所にいたことを示す明らかな証拠は存在する。また、近隣のティムナ渓谷公園には、古代エジプト人の姿が描かれた絵が今も残されている。(参考記事:「出エジプト描いた貴重なモザイク画が出土」

 しかし、精度の高い放射性炭素年代測定による分析に加えて、同じ場所で見つかった織物やその他の動植物由来の遺物から、採掘場が栄えていたのは紀元前10世紀頃だったことが明らかになった。ちょうど、聖書に登場するダビデ王とその息子のソロモン王の時代である。(参考記事:「冷戦中の核実験が、象牙密猟の証拠を提示」

 旧約聖書によると、ソロモン王は偉大な知恵者で、莫大な富を持っていたという。その時代の数多くの建造物の中には、黄金と青銅の装飾品がぜいたくにあしらわれたエルサレムの神殿もあった。これだけ大規模な建設には、中東のどこかで産業といえる規模の採掘事業を行い、大量の金属を調達する必要があったはずだ。しかし、聖書にはその場所がどこであったかは記されていない。(参考記事:「“ソロモンの栄華”とテンプル騎士団の財宝」

贅を尽くしたソロモン王の宮殿を訪問するシバの女王。イギリスの画家エドワード・ポインターによる想像図。(ILLUSTRATION BY HERITAGE IMAGES, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 1930年代、米国人考古学者のネルソン・グリック氏が「アラバの谷」を調査していた時に、その鉱山跡を発見したと公表した。アラバの谷とは、死海の南から紅海まで伸びる地質学的裂け目のことで、現代のイスラエルとヨルダンの国境になっていて、銅が多い。

 グリック氏は、1944年の「ナショナル ジオグラフィック」誌2月号で、「アラバの谷全域に、銅や鉄が豊富に眠っていることは今ではよく知られています。その昔、とりわけソロモン王の時代に盛んに採鉱されていました」と書いている。

ソロモン王の銅山を求めて

交易や贈り物で豊かな富を築いたソロモン王は、エルサレムの神殿をはじめ、多くの建設計画を命じた。礼拝に使われた用具の多くは青銅で作られていたため、大量の銅を冶金する必要があった。

 

レバノン

欧州

ベイルート

アジア

地図の範囲

アフリカ

ダマスカス

ソロモンの王国

circa 950 B.C.

銅山跡

シリア

ガリラヤ湖

イスラエル

地中海

アモン

ヨルダン川

西地区

テルアビブ・ヤッファ

アンマン

エルサレム

ソロモン王の支配下にあった国

死海

ガザ地区

ベエルシェバ

モアブ

ネゲブ

ヒルバト・アッナハス

ヨルダン

エジプト

ティムナ渓谷

40 mi

40 km

現在の国境

アカバ湾

MATTHEW W. CHWASTYK, NG STAFF

 しかしその後多くの考古学者が、ダビデ王とソロモン王は聖書が言うほど権力を持っていたわけではないと主張した。むしろ、ただの弱小国のリーダーに過ぎず、大規模な採鉱事業や長距離交易を取り仕切るような影響力はなかったという。

考古学者のネルソン・グリック氏(左から2人目)は、イスラエル南部とヨルダンに横たわる銅の産地アラバ渓谷で、ソロモン王の鉱山を発見したと考えていた。(PHOTOGRAPH BY DMITRI KESSEL, THE LIFE PICTURE COLLECTION, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、グリック氏の見解と聖書の年代が矛盾していることも指摘されている。聖書によると、ダビデ王とソロモン王は紀元前10世紀にイスラエルを支配していた。そのため、「グリック氏は学問の世界で物笑いの種になってしまいました」と、カリフォルニア大学サンディエゴ校の考古学教授トーマス・レビ氏はいう。同氏は、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもある。

 しかし、過去数十年間で出てきたいくつかの新発見が、聖書の記述に関するグリック氏の見解を裏付け、情勢を一転させるかもしれない。

次ページ:「当時の金属は現代の原油のようなもの」