【動画】アナグマが子ウシを埋葬? 行動を初めて記録

研究者も驚きの光景、米ユタ州の砂漠で

2017.04.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】ウシの死骸をまるごと埋めるアナグマ。(解説は英語です。一部に残酷な映像を含みます。)

 2016年1月、保全生物学者のエヴァン・ビークリー氏は、実験に使っていた死骸が1つ、こつぜんと消えていることに気がついた。

 この実験は、米国ユタ州グレートベースン地域の砂漠で実施されていた。動物の死骸を放置しておき、固定カメラを使って腐肉食動物の活動を撮影するというものだ。ビークリー氏は当初、重さ23キロの子ウシの死骸が消えたのは、コヨーテの群れがどこかへ引きずっていったせいだろうと考えていた。(参考記事:「捕らえた獲物をくわえるコヨーテ」

 ところがしばらくあたりを探してみても、子ウシの死骸はどこにも見当たらなかった。そこでビークリー氏は、カメラに記録された映像をダウンロードして手がかりを探すことにした。

 そこで彼が目にしたのは、誰も見たことのない驚きの光景だった。

 映像には、1匹のアメリカアナグマが5日間かけてウシの死骸の下を掘り進む様子が写っており、死骸はついには穴の中にすっぽりと収まってしまった。アナグマはその後、上から土をかぶせて死骸を完全に覆い隠すと、すぐ脇に自分が隠れる穴を掘り、それから11日間、穴の中で牛肉を食べながら過ごした。

 過去の科学論文を調べてみても、アナグマがジャックウサギよりも大きな動物の死骸を埋めたという記録は存在しなかった。(参考記事:「動物写真家 福田幸広さんが捉えた、アナグマの貴重映像」

「アナグマがあのウシを食料源として完全に独占することができたという事実に、非常に驚かされました」とビークリー氏は語る。彼はこの発見についての論文を、ユタ大学の同僚3名と共に学術誌『Western North American Naturalist』に発表した。そこにはナショナル ジオグラフィックのエクスプローラー(探検家)でもあるカガン・セケルシオグル氏も含まれる。

「アナグマがこうした生態的地位を担っているというのは興味深いことです。彼らは栄養循環の中において、我々が思うよりも重要な役割を果たしているのかもしれません」(参考記事:「賛否が分かれる野生動物の駆除」

土掘りに適した体

 米国、カナダ南部、メキシコ北部にかけて生息するアメリカアナグマは、地下に食料をため込む貯蔵庫を作る習性があることで知られる。こうすることにより、他の腐肉食動物から食料を守ることができ、またひんやりとした土は肉が腐敗するのを防いでくれる。

 体は小型犬ほどの大きさで、イタチやクズリと近い関係にあり、土掘りに適したさまざまな特徴を持っている。

 例えば彼らは、筋肉質の力強い前肢を持っており、長い手の先についたかぎ爪で固い土を掘り進むことができる。円錐形の頭部は、トンネルの中を走り回る生活に適している。彼らはまた、瞬膜と呼ばれる第三のまぶたを有しており、これが目に土が入るのを防いでくれる。(参考記事:「動物たちの奇妙な手:モグラ」

 しかし、いくらアナグマが土掘りを得意としているとはいえ、重さが自分の倍以上あるような、あれほど大きな死骸を埋める光景は、これまで誰も見たことがなかった。

専門家にも衝撃

 当然ながら、この発見に驚いたのはビークリー氏だけではない。

「これには大きな衝撃を受けました」と語るのは、アライグマを研究する生態学者で、現在は環境コンサルタント会社のシカモア・エンバイロメンタル・コンサルタンツに勤めるジェシー・クイン氏だ。

 クイン氏は、こうした例はこれまで見たことも聞いたこともないと語る。「米国では、アナグマはさほど人の注意を引かず、見過ごされてしまう傾向にあります。ですから彼らの行動の中に、まだ我々が気づいていないものが多くあるということはあり得ることです」

【関連動画】ハチミツを狙う、怖いもの知らずのラーテル(ミツアナグマ)。(解説は英語です)

 ロンドン動物学会のアナグマ研究者であるロージー・ウッドロフ氏も、今回の映像に衝撃を受けている。「私は長年、ヨーロッパアナグマとウシとの関係性を研究してきましたが、欧州ではこれに似たような例さえ聞いたことがありません」(参考記事:「英国でアナグマの間引き措置を巡り激論」

 また、ウシを埋めるという今回の行動は、たまたま1匹のアナグマが気まぐれで行ったという類いのものではない。バークリー氏らは、映像のアナグマとは別の個体が、また別の子ウシの死骸をほぼ完全に土中に埋めていたことを確認している。

 もしウシを埋めるという行動を多くのアナグマが取るとすれば、それは牧場主にとってはありがたいことだろう。死んだ動物を埋めることは、貴重な家畜に病気が広がるのを防ぐことにつながるからだ。この行動はまた、水の少ない砂漠環境において腐敗が発生する状況として、これまで知られていなかった重要な一例を示しているのかもしれない。

最後の儀式

 映像の最後には、アナグマが埋め終えたウシの上に座り、すっかり満足した様子であたりを見つめている様子が映っているが、あれにはどういう意味があるのだろうか。

 クイン氏は言う。「あの映像はおそらく、アナグマが匂いのマーキングをしているところだと思います。アメリカアナグマはマーキングの際、臀部を地面に擦り付けて、肛門腺から分泌液を出すのです」(参考記事:「【動画】七面鳥の集団がネコの周りをぐるぐる」

文=Jason Bittel/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加