美脚で誘惑?琥珀の中のイトトンボ化石から新説

1億年前の琥珀から見つかった、オスの大きくて派手な脚の役割は

2017.03.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】古代のイトトンボはどのようにして雌を誘ったのか
琥珀に閉じ込められたイトトンボの雄。その化石から1億年前の求愛行動を推測する。(説明は英語です)

 3匹のイトトンボのオスは、恋人の出現を1億年以上も待ち続けてきたのかもしれない。

 1億年以上前の白亜紀の琥珀に閉じ込められたそれらの化石は、イトトンボがどのように交尾相手を誘ったのかを知るための貴重なヒントを与えてくれる。研究者によると、このイトトンボの脚に見られる豆の鞘のような部分からは、現代のイトトンボとよく似た、しかしより複雑な求愛行動を行っていたことを推測できるという。その研究をまとめた論文が3月20日、オンライン科学誌「Scientific Reports」に発表された。(参考記事:「勃起したザトウムシの化石、ペニスで新しい科に?」

 現生のイトトンボやトンボの仲間の交尾は、協力と争いが複雑に絡み合ったような行動だ。オスがメスを追いかけて捕え、その後、2匹が細長い体で輪やハートマークを描くような独特な交尾姿勢をとる種が多い。(参考記事:「トンボたちの不思議な交尾」

 琥珀の中から見つかった、「Yijenplatycnemis huangi」という学名が付けられたこの古代種は、現生のイトトンボよりも体が大きく、平たくなった脚先が特徴的だ。平たい部分には目のような模様があり、捕食者を威嚇したり、羽への攻撃をそらしたりといった、身を守る役割を果たしていたようにも見える。(参考記事:「人間にはない動物たちの驚きの器官7選」

 しかし、中国科学院南京地質古生物研究所のツェン・ダラン氏、ウォン・ボー氏は、オスのこの装飾的な脚は、メスの気を惹くために使われていたと考えている。イトトンボの視力はすぐれており、派手な模様はメスの目に止まりやすく、交尾のチャンスを増やすことにつながったと思われる。(参考記事:「【動画】脚をチラッと見せてメスを誘うクモを発見」

 現生のイトトンボの仲間の中には、古代のイトトンボに比べればはるかに地味ではあるものの、求愛行動の最中にメスに向かって脚を振るオスもいる。

 ナショナル ジオグラフィック協会の助成を受けているトンボの研究者、メリッサ・サンチェス・ヘレーラ氏は、白亜紀のイトトンボの大きな脚が時とともに失われていったのは、オスが本来の目的とは違う種類の注目を集めてしまったせいだろうと述べている。派手な求愛行動は、メスだけでなく、捕食者の目も引きやすかったはずだ。

 その上、大きな脚では飛ぶスピードも遅くなり、これも不利な条件となっただろう。

 脚の形が変化した理由はどうあれ、琥珀に閉じ込められたイトトンボの発見はすばらしいことだとサンチェス・ヘレーラ氏は言う。この発見により、イトトンボの体の進化について、研究者はより多くを知るチャンスを得られたからだ。(参考記事:「世界初、恐竜のしっぽが琥珀の中に見つかる」

文=Sarah Gibbens/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加