ネズミは、これまで考えられてきた以上に長い間、人間の近くで暮らしてきた。(PHOTOGRAPH BY JOE BLOSSOM, ALAMY)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ネズミは、多くの人にとって身近な厄介者だ。人家に住み着いてパンくずをあさり、電気製品のコードをかじり、あちこちに糞を落としていく。夜になると家のどこかで物音を立て、朝にはいたずらの痕跡だけが残されている。(参考記事:「ネズミの恩返し行動を発見、人間以外で初」

 ネズミと人が同居するようになったのは、人間が農耕を始めてからだと従来は考えられてきた。だが、科学誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に3月27日付けで掲載された研究によると、両者の関係はもっと前から続いていた可能性があるという。(参考記事:「ネズミの喜ぶ表情が判明、くすぐって検証」

【動画】死んだネズミに新たな命を:米国のニューヨークにある病理解剖学博物館で、死んだネズミを使った剥製づくりのワークショップが行われた。(解説は英語です)

 地中海東部の遺跡で見つかったネズミの化石を詳しく調べたこの研究によれば、ハツカネズミの仲間(Mus musculus domesticus)が初めて人間と同居するようになったのは、今からおよそ1万5000年前。これは農耕の開始より、約3000年も早いことになる。

 狩猟や採集を行い、移動生活を営んでいた私たちの祖先は、やがて定住という新たな試みを始めた。人間の居住跡から見つかるネズミの歯の化石を調べると、ネズミの数や、どんな種類のネズミがどのような割合でいたかが推測できる。そうした情報が、人類が文明を発達させていく過程の、謎の多い時代について、貴重な手がかりを与えてくれるというのだ。(参考記事:「世界最古の神殿、新たな保護プロジェクト」

 進化生物学者のミロシュ・マコラン氏は、この研究について「人類史を研究するうえで、ネズミの研究がいかに役立つかを示す好例です」と語る。

 例えば、狩猟採集の暮らしから農耕生活への移行について解き明かしたい研究者は、人間の居住跡から出土するネズミの大臼歯を調査し、どんなネズミがどのくらいいたかという構成比を調べることで、考古学的記録の空白を埋められる可能性があると、マコラン氏はいう。

 今回の研究を率いた、イスラエルにあるハイファ大学の動物考古学者リオール・ワイスブロッド氏はこう語る。「ネズミは私たち人間ととともに、とても長い間暮らしてきました。そのことを理解するのは重要です。人間の影響でネズミは変化し、ネズミの影響で、私たち人間もまた変化してきました。そうした変化は、直接目に見えるものとは限りませんが」(参考記事:「テクノロジーで加速する人類の進化」

都会のネズミと田舎のネズミ

 現在のイスラエル、レバノン、シリアの一部にまたがるレバント地方には、およそ1万5000年前の狩猟採集社会ナトゥフ文化の遺跡がある。(参考記事:「人類の旅路「約束の地」レバントを歩く」

 この遺跡で発掘された歯の化石を分析したところ、ハツカネズミの増減は、近縁種のマケドニアハツカネズミ(Mus macedonicus)と深く関わっていることがわかった。マケドニアハツカネズミは、ハツカネズミよりも野生を好み、人間にはあまり慣れないと考えられている。(参考記事:「野生動物 ペットへの道」

 ナトゥフの狩猟採集民は定住傾向を強めていったが、これには気候の変動も影響していた可能性がある。食物を得やすい穏やかな気候の時期に、居住地やその周辺でハツカネズミの大臼歯が増えていたことに、研究チームは着目した。

 常に移動して採集生活を続けなくてもいいように、当時の人々は野生の穀物をわずかながら貯蔵し、この蓄えを狙って、ネズミたちがやって来たのだろうとワイスブロッド氏は話す。

 一方、用心深いマケドニアハツカネズミは、貯蔵された穀物に近づこうとしなかったようだ。人間が一つの場所により長い期間とどまるようになると、ハツカネズミの歯が増えていき、マケドニアハツカネズミの歯はほとんど見られなくなった。

 ところが気候が再び変化して、この地域が寒く乾燥してくるにつれ、ナトゥフ人たちは元の生活形態へ逆戻りした。周囲で見つかる動植物などの資源を消費してしまうと、別の場所へ移動するようになった。そのような時期には、人間にあまり依存しないマケドニアハツカネズミが再び多数を占めるようになっていた。

現代との類似に驚き

 研究チームは次に、現代の狩猟採集民の周辺に生息するネズミの数を、化石の分析結果と比較してみた。すると、人間の定住とハツカネズミの増減には、やはり関連性があることが明らかになった。

 アフリカのケニア南部に住むマサイ族は、今でも季節とともに牛の群れを移動させながら、半遊牧生活を続けている。そして古代ナトゥフ人同様、現代のマサイ族の周辺にも、近縁のネズミ2種が生息している。ウィルソントゲマウス(Acomys wilsoni)とファイアリートゲマウス(Acomys ignitus)という、いずれもトゲマウス属のネズミである。

「ボマ」と呼ばれる、現代のマサイ族の村。(PHOTOGRAPH BY JASON EDWARDS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ワイスブロッド氏の研究チームは、マサイ族の居住地や周辺にネズミ捕りを仕掛けた。すると、2種のネズミの生息数はほぼ同じだったにもかかわらず、家の中で捕まったネズミの内訳は、ファイアリートゲマウスが87%、ウィルソントゲマウスは13%と、大きな開きがあった。

 ワイスブロッド氏はこの結果に驚いた。というのもこの値が、ヨルダン渓谷のアイン・マラッハ遺跡で見つかったハツカネズミ(80%)とマケドニアハツカネズミ(20%)の比率に、極めて近かったからだ。この遺跡は1万2000~1万3000年前のナトゥフ人の居住跡で、当時のナトゥフ人は遊牧生活から農耕生活への移行期にあった。

「この結果がきっかけで、前後の年代のサンプルもすべて調べ上げて、ネズミの構成比の変動にどんな意味があるのかを理解する必要があると考えるようになったのです」と、ワイスブロッド氏は振り返る。

 この研究により、ハツカネズミが人間の蓄えを拝借することで、マケドニアハツカネズミよりも優位に立って数を増やしていたことが示された。さらに研究チームは、ネズミの増減を追うだけで、レバント地方の人々が狩猟採集と定住の間を行きつ戻りつしながら、最終的に定住生活へと落ち着くまでの過程を追うことができた。

 もちろん、人間とネズミとの関係は今も変化し続けている。おとなしい種類のネズミをペットとして飼う人もいれば、生物や医学の研究においてネズミが果たす偉大な役割に感謝すべきだと論じる人もいる。ネズミに抱く感情は人それぞれにせよ、人間とネズミの間には、その長い歴史にふさわしく、複雑な関わりがあるようだ。(参考記事:「火薬をかぎ分けるネズミ、地雷除去に活躍」

文=Jason Bittel/訳=ルーバー荒井ハンナ