「サルが助けてくれた」、アマゾンの遭難者が告白

密林の中を9日間さまよった男性を無事に保護、ボリビア

2017.03.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アマゾンの熱帯雨林に消えた若い男性が9日後に無事保護された。しらみつぶしに捜索したにもかかわらず、見つかったのは失踪した地点から1kmも離れていない場所だった。生きて戻れたのはサルが助けてくれたおかげだと男性は言った。(説明は英語です)

 うねる大河が山がちの土地を延々と流れ、木々の間に濃い霧が漂うボリビアのアマゾン。このジャングルに入り込めばあっという間に迷ってもおかしくない、と地元の人は言う。深入りしたら、二度と帰って来られないかもしれない。

 だが、ボリビアが保護する熱帯雨林の中でもひときわ魅力的なマディディ国立公園を訪れる旅行者にとっては、その奥深くへ踏み込む危険よりも期待の方がむしろ勝っている。それには理由がある。どのツアー業者も、スリリングな冒険を求める観光客に安全を約束しているからだ。これらの業者は、国立公園の端にある小さいが賑やかな町、ルレナバケに拠点に置き奥地へのツアーを催行している。(参考記事:「ボリビア、マディディ国立公園のジャガー」

 実のところ、事故は毎年起きている。別世界のようなマディディの景観は、旅行者の死傷事故と無縁ではない。その分、危険は多いのだ。だが、公園の敷地内で行方不明になることはまれである。過去15年間、行方知れずになった旅行者は1人もいなかった。つい最近までは。

「25歳のチリ人男性、マイコール・コロセオ・アクーニャさんが公園内で突然消息を絶った」という一報がもたらされたとき、私はマディディ国立公園のレンジャーと一緒にいた。それによると、男性は奇妙な状況で姿を消したということだった。

 目撃者のあいまいな話が無線で伝えられた。いわく、マイコールさんが最後に目撃されたのは前日の夜8時半ごろで、宿舎であるキャビンの階段に腰掛けていた。地元の旅行代理店「マックス・アドベンチャーズ」の熱帯雨林ツアーに参加していたが、どうやらキャンプ場からいなくなったようだ。追跡の手がかりは一切なし。

「本当に不可解なケースだ」と、マディディ国立公園を管理するマルコス・ウスキアノ氏は私に言った。「昨夜何があったのか分からないが、我々には明らかにする必要がある。誰かが嘘を言っている可能性もある」

 マイコールさんが行方不明になったキャンプ場はトゥイチ川の近くだった。ボートでしかたどり着けない乾燥した地域で、一番近い町でも何キロも離れている。

 レンジャーたちは何か手がかりをつかもうと、すぐにマイコールさんの捜索に出発することにした。私も同行し、船が川をさかのぼるにつれてルレナバケの町が小さく遠ざかっていった。私たちが乗った木製の長いボートはもやの中を抜け、広い密林を目指して進んだ。

 数時間後、私たちはマックス・アドベンチャーズのロッジに到着した。ハンモックがいくつも吊られ、食事をとる中庭があり、大きな木造のキャビンが並ぶ優雅な場所だった。ツアー業者のオーナー、フェイサー・ナバ氏は私たちを温かく迎えると、声を落とし、何があったかを手短にレンジャーに伝えた。

次ページ:不可解な蒸発、シャーマンの懸命な祈り

本当にあった奇跡のサバイバル60

大震災、飛行機脱落、登山事故、誘拐・・・・・・絶体絶命の状況から九死に一生を得た人々。生死を分けた判断、状況は何だったのか?

タイムズ著、ベア・グリルス(序文)
天地228mm×左右174mm、264ページ
定価:本体2,400円+税

ナショジオストア アマゾン 楽天ブックス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加