【動画】タコとカニの水中バトルが衝撃の結末に

モントレー湾の死闘を制したのは...

2017.02.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】タコとカニの水中バトルが衝撃の結末
海底でカニを襲おうと追い回すタコ。ところがこの攻防はある闖入者によって意外な結末を迎える。米国カリフォルニア州モントレー沖で撮影。

 敵には敵がいるものだ。このバトルには衝撃の結末が待ち受けていた。

 写真家のコナー・ギャラガー氏とパトリック・ウェブスター氏は、ワタリガニを追い回すタコの動画を撮影していた。動画の撮影場所は米国カリフォルニア州モントレー沖。たくさんの海洋生物が生息している海域だ。(参考記事:「ドラム缶、モントレー湾の海底ゴミ」

 2月10日の夜、2人はモントレーの自宅近くの海中で撮影していた。水中の生物をカメラで撮影するには、ダイビング用のライトが必要だ。ギャラガー氏とウェブスター氏が注目したのは、執拗にカニを追い回すタコだった。タコに追われたカニは、海底をすばやく動き回って逃げようとしていた。2人はタコがカニを捕まえる劇的な瞬間をカメラに収めようと近寄った。

 夜間で視界が限られていたため、2人も動画を見た人々と同じように驚いた。なんと、突然ゼニガタアザラシが姿を現し、タコを食べてしまったのだ。(参考記事:「イルカ襲う、つぶらな瞳の無慈悲なアザラシ」

「あたりは血と墨だらけでした」とギャラガー氏は話す。

ダイバーの明かりを利用して獲物探し

 2人は突然の出来事に驚いたが、実はこのアザラシにとって珍しいことではない。ギャラガー氏は、「“ウィスカース”がよくやることですよ」と言う。

 “ウィスカース”(ひげ)というのは、ギャラガー氏とウェブスター氏がこのアザラシにつけたニックネームだ。夜間にダイビングをしていると、ウィスカースはライトを追って獲物を見つけようとする。2人によれば、ダイバーの泡や光を見つけると近寄ってきて、よくまわりを泳いでいるという。

「私たちは、写真や動画を撮影するためにライトを使います。ウィスカースはその明かりを頼りに、普段は見えない魚を見つけようとするのです。獲物を見つけると、最初はゆっくりと忍び寄り、突然追いかけ始めます。やがて岩の割れ目から魚をくわえて出てきます」

 ダイバーとウィスカースは共生関係にある、とギャラガー氏はいう。

 ゼニガタアザラシは貪欲で、イカ、甲殻類、魚などいろいろなものを食べる。丸々とした大柄な体は地上では緩慢だが、水中では後ろ足のヒレを使ってすばやく泳ぐ優雅なハンターに変貌する。特に社会性が強い動物として知られているわけではないが、狩りのチャンスは決して逃さない。

 この種の海洋哺乳類はモントレー湾付近でよく見られるが、近年はその数が激減している。2016年12月に米海洋大気局のボランティアが行った調査によると、モントレー湾付近のゼニガタアザラシの生息数は約700頭から500頭以下に減っている。実に3分の1近くがいなくなった計算だ。原因は海水の温暖化にあると考えられている。(参考記事:「太平洋 不吉な熱い波」

 幸運にも、ウィスカースはダイバーたちのライトを使って獲物を見つけることができる。ダイビングの際、ギャラガー氏とウェブスター氏は、ゼニガタアザラシだけでなくアシカを見かけることも多い。

 ウィスカースが衝撃の結末をもたらすこの動画は、オンラインで人気を集めている。もともとはギャラガー氏のFacebookページに投稿されたものだったが、現在はYouTubeで70万回以上、別のFacebookアカウントでも数千回以上再生されている。

文=Sarah Gibbens/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加