【動画】ヤギがブランコで「気絶」、原因は遺伝

ネットで話題の「気絶ヤギ」、原因を専門家に聞いた

2017.02.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】ブランコに飛び乗ったヤギのリッキーは、わずかな揺れに驚いて、そのまま下に落ちてしまった。(解説字幕は英語です)

 ヤギは本来、岩登りや木登りが得意な動物だ。ところが動画のヤギは、わずかに揺れるブランコから他愛なくコロリと落ちてしまう。その理由は何だろう?(参考記事:「ほぼ垂直の壁面をよじ登るヤギ」

 動画に登場するのは、米国オハイオ州に暮らすヤギのリッキー。庭のブランコに飛び乗ったはいいが、ブランコがわずかに揺れると体をこわばらせ、ものの見事に転げ落ちてしまった。数秒間はそのまま動けずにいたが、やがて何事もなかったように起き上がった。

 庭で遊ぶペットのヤギ、リッキーとルーシーの動画を撮影したのは、飼い主のデビッド・タニヒル氏だ。

「茶色いヤギのルーシーが気絶したのは、ここに来てから2~3回ですが、リッキーは週に2回は気絶しています。起き上がると、何事もなかったように元気な様子ですが」。タニヒル氏は、英国の通信社「Caters News」にそう話した。

動画サイトでも話題に

 「気絶するヤギ」の動画はこれまでにも、よくインターネットで話題になってきた。YouTubeで2500万回も閲覧されたニュース動画もあるほどだ。なお、ヤギが気絶するという表現は正確ではなく、実際には意識を失っているわけではない。ヤギの群れが一斉に驚いて倒れる姿はどこかユーモラスで、高所から落ちたりしなければヤギにも別状はないという。それでも、わざと驚かせたりすれば、ヤギにはストレスがかかる。(参考記事:「「キュウリに驚くネコ」の動画に専門家が警鐘」

 実は、こうしたヤギは家畜の一品種で「ミオトニック・ゴート」と呼ばれるものだ。この品種は、筋肉が一時的にこわばったままになるミオトニー(筋強直)という現象を起こしやすい遺伝的性質をもつ。先天性ミオトニーと呼ばれるこのような遺伝的性質は、ヤギや家畜に限らず、人間にも生じることがある。

 たいていの動物では、恐怖を感じると「戦うか逃げるか」の反応を促す物質が体内に分泌される。ミオトニック・ゴートの体が驚いたときに硬直する理由として、細胞に突然変異が生じ、こうした反応時に筋肉を動かす化学物質を受け取れなくなったためとみる仮説がある。通常の反応をする代わりに、筋肉がこわばってしまうのだ。

 ミオトニック・ゴートは北米で作り出された品種で、米国南部で食用に飼育されているものが多いが、なかにはペットとして飼われているものもいる。このヤギの先天性ミオトニーは劣性遺伝で、別の品種と交配したヤギにこの性質が見られることは、通常はないという。(参考記事:「風変わりなペットたち」

「気絶したときのことは心配ですが、リッキーは懲りずにブランコに乗ろうとします。まあ、大きなけがはしないでしょう」と、タニヒル氏は話す。

文=Sarah Gibbens/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加