【動画】メス1頭+オス2頭、コククジラの求愛行動

2017.02.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3頭のコククジラによる求愛行動を収めた貴重な動画。ドローンを使い空中から撮影した。

 米カリフォルニア州ニューポートビーチ沖でホエールウォッチングをしていたツアー客はこの日、思いがけない幸運に恵まれた。コククジラが交尾をしているらしき珍しい現場に遭遇したのである。どこが珍しいかというと、2頭ではなく3頭のクジラが、円を描くようにして泳いだり体を回転させたりして、交尾行動に参加していたことだ。その周囲には数頭のイルカの姿も見られた。マーク・ジラードさんは、ドローンを使ってこれを動画に撮影した。(参考記事:動物大図鑑 コククジラ

 しかし専門家によると、一見交尾行動にも見えるこれは、2頭のオスが1頭のメスを相手にした複雑な求愛行動なのだという。

 スクリップス海洋研究所付属バーチ水族館の教育スペシャリスト、クリストファー・フィッツシモンズ氏は、コククジラがオス2頭とメス1頭の合わせて3頭で交尾することはよくあることだと説明する。

「動画のように、体を回転させたりすり合わせたりする行為は、互いをよく知り、メスに求愛を受け入れる意思があることを確かめるためと考えられています」(フィッツシモンズ氏)

 コククジラはしばしば、交尾前に複雑な求愛行動を見せる。オスは、むなびれを使ってメスの体を無理やり交尾の体勢に持ち込もうとする。そんなオスの求愛を何日も拒み続けるメスが観察されたこともある。(参考記事:【フォトギャラリー】伊豆諸島で見つかった希少なコククジラ

 オレゴン州立大学海洋哺乳類研究所のブルース・メイト所長も、動画の中には実際の交尾は撮影されていないとしている。動画開始から2分経過したあたりで、1頭のオスがペニスを出しているのを確認できるが、メスはそれに背を向けて、興味がないというサインを出している。コククジラは腹と腹を向き合わせないと交尾できないため、このように背を向けるというのは、明らかに興味がないことを示しているか、またはオスの意志の強さを試しているかのどちらかである。(参考記事:絶滅寸前のコククジラ、最長移動距離を樹立

「主導権を握るのはいつもメスのほうです」と、メイト氏はいう。

 コククジラの妊娠期間は約13カ月に及び、出産後も1年近く母乳を与えなればならないので、交尾相手を選ぶメスの目は当然厳しくなる。コククジラは通常、冬の間にバハカリフォルニアに近い暖かい海で交尾する。メスは、いったん交尾を受け入れる態度を示すと、1時間のうちに2~3頭のオスを相手にすることもある。

「交尾に3頭が関わることは多いです。1頭のオスがもう1頭を下から支えて交尾させ、それが終わると役割を交代することもあります」。海洋生物学者でコククジラの研究をしているキャリー・ニューウェル教授はいう。フィッツシモンズ氏も、2頭のオスが協力して1頭のメスと交尾することはあると話し、コククジラの間では「オス同士が戦ったり競争することはめったにありません」と付け加えた。(参考記事:定説を覆す、異例だらけの新種クジラの生態

 動画には、コククジラの周囲を泳ぎ回って遊ぶハンドウイルカの姿もあった。フィッツシモンズ氏によると、大型クジラの交尾中や求愛中にイルカが近寄ってくるのはよくあることだという。その理由ははっきり分かっていないが、交尾や求愛しているクジラの社会的側面にイルカが興味を持ってやってくるのではないかと考えられている。

「クジラたちも、近くにイルカがいることを承知しているのでしょう。あおむけで泳いだりしている様子から、彼らもまたイルカたちの存在を楽しんでいるようです」と、ニューウェル氏は言う。クジラは、メスの妊娠可能な期間でなくても交尾することがあるという。(参考記事:イルカ・クジラの「潜水病」、集団座礁の一因か

「コククジラはスキンシップを好みます。そして、とても賢い動物です。ただ楽しむために交尾をすることもあると思います」

【関連動画】空気をきれいにしてくれるクジラのうんち。

文=Sarah Gibbens/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加