全米一高いダムに穴、18万人超が避難、写真5点

緊急避難命令が発動、米カリフォルニア州オロビル湖

2017.02.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オロビル・ダムの放水路の中央に開いた穴。これにより、米カリフォルニア州水資源局は放水を一時停止し、2月11日土曜日の朝にダム完成以来初となる緊急用放水路の使用に踏み切る。だがそれも破損し、住民に緊急避難命令が出される事態に。(Photograph by Randy Pench/The Sacramento Bee via AP)
[画像のクリックで拡大表示]

続報:米カリフォルニア州水資源局はこれまで周辺の住民に危険はないとしていたが、ダムの水位が上昇し続けているのを受け18万8000人が緊急避難した。現地時間の2月12日の夜に状況は安定したものの、避難する住民の車で道路は大渋滞で混乱を極めた。

 全米で最も高いダムがある米国カリフォルニア州のオロビル湖が、昨年から降り続く大雨のためほぼ最高水位に達し、設備が悲鳴をあげ始めている。(参考記事:「ダムが気象に影響、老朽化で災害も」

 これは2015年末と比べると、正反対の事態といえる。当時は、数年間続いた干ばつのために、湖の水量は最大容量の33%にまで下がり、観測史上2番目に低い水位になった。 (参考記事:「雪不足が招く米国西部の干ばつ」

2014年に撮影した、オロビル湖ビッドウェル・マリーナのボートをおろすコンクリートスロープ。この年、湖の水位は記録的に低く、干上がった湖底が左右に広がっている。(Photograph Courtesy the California Department of Water Resources)
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが2017年2月10日の朝には、湖の水は貯まりに貯まって一時、最大容量の96%に達した。

 オロビル湖はオロビル・ダムによってせき止められた人造湖で、ダムの堤高は235メートル。ダムの利用目的は水力発電と水の供給、そして治水だ。

 思わぬ大雨により水位はみるみる間に上がっていった。ダムの設備は苦難に立たされ、エンジニアらは水を抑え込もうと取り組んだ。しかし、それでは乗り切れそうにないとの判断が下り、2月11日の朝には、ダムが完成した1968年以来一度も使われたことのない緊急用放水路がついに開かれた。だがそれも破損し、住民に緊急避難命令が出される事態に陥っている。

 それまでカリフォルニア州水資源局は、緊急用放水路の使用を避けるために放水量を増やしていた。しかし、そのせいで常用放水路の水流が激しくなり、水路のスロープの中央が陥没して大きな穴が開いてしまった。穴は、陥没のダメージを調べようと放水路に上がったエンジニアを飲み込もうとするように見えるほど巨大だった。(参考記事:「カリフォルニアで地盤沈下が深刻化」

水資源局は、緊急用放水路の使用を避けるべく、放水量を毎秒1132~1840立方メートルに増加したが…。ビュート郡にあるオロビル湖とオロビル・ダムで。(Photograph Courtesy the California Department of Water Resources)
[画像のクリックで拡大表示]

 穴の損傷のひどさをエンジニアたちは見て取り、放水を一時的に停止せざるをえなくなった。

オロビル・ダムの主要放水路の全景。水位が上がった後にあいた陥没穴が見える。 (Photograph Courtesy the California Department of Water Resources)
[画像のクリックで拡大表示]

 この出来事により、周囲の河川にも影響が出ている。400万匹のサケの稚魚が、このほどフェザー川孵化場から避難させられた。陥没穴から泥が流れ出し、養魚池にいる稚魚が死ぬ恐れが出たからだ。(参考記事:「米国西部でダム3基撤去へ、自然再生めざす」

 カリフォリニア州水資源局の2月11日の発表では、オロビル・ダムの堤防自体は損傷を受けておらず、住人に差し迫った危険はないとしていた。(参考記事:「巨大洪水の歴史、USGSがランキング」

カリフォルニア州水資源局はオロビルのフェザー川孵化場にいた400万匹のサケの稚魚を避難させた。オロビル・ダムの放水路が損傷し、孵化場の水が泥で汚れたためだ。(Photograph Courtesy the California Department of Water Resources)
[画像のクリックで拡大表示]

文=Delaney Chambers/訳=潮裕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加