うんちを化粧品や保育室に、動物たちの糞活用法

スミレの香りがする糞をする動物も

2017.02.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国ヒューストン動物園のニジダイコクコガネ。首に寄生虫が乗っている。糞虫には糞の中で子育てをするものがいる。(PHOOTGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 花の香りがするなんてありえない。それがうんちについての常識だが、カワウソの糞は時にスミレの香りがする。そう語るのは、このほど出版された『コール・オブ・ネイチャー:糞の知られざる使い道』(原題『Call of Nature: The Secret Life of Dung』、未邦訳)の著者で昆虫学者のリチャード・ジョーンズ氏だ。

 花の香りがする糞などと聞くと、動物をめぐる変てこな好奇心が頭をもたげてくる。「さまざまな動物たちは、糞を何に使っているのだろう?」

縄張りの主張

 ヨーロッパ全域に分布するアナグマ(Meles meles)は、12頭前後でグループを作って暮らす。このゆるやかな集団は、「長方形の小さな穴をいくつも並べて掘ります。それらがトイレを構成するのです」とジョーンズ氏。(参考記事:「動物写真家 福田幸広さんが捉えた、アナグマの貴重映像」

巣穴の入り口に座っているヨーロッパアナグマ。(PHOTOGRAPH BY FLIP DE NOOYER, MINDEN PICTURES, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうしたアナグマのトイレは、よそ者のアナグマに対して「ここはもう縄張りになっている。自分たちは栄養状態が非常によく、とても強い」というメッセージを送っているとジョーンズ氏は言う。(参考記事:「サイのウンチはソーシャルメディアだった」

化粧品

 牛糞の山にエジプトハゲワシ(Neophron percnopterus)がやって来たら、理由は決まっている。黄色いうんちを食べるためだ。(参考記事:「ハゲワシ “嫌われ者”の正体」

 黄色いうんちには栄養素、特にカロチノイドが含まれる。だが、それだけではない。黄色い糞は、ハゲワシのくちばしと顔の明るい黄色をさらに濃く強調してくれるのだ。雌雄ともに。

 濃い黄色で彩られた個体は、健康であることを示す。したがって、異性に対する魅力が大きく、集団内で支配的な地位を築く力が色の薄い個体よりも高いサインになる。(参考記事:「“メイク”で異性の気を引くフラミンゴ」

保育室

 米国南東部に生息するニジダイコクコガネの仲間(Phanaeus vindex Macleay)から、英国にいるミツカドセンチコガネ(Typhaeus typhoeus)まで、糞虫は自然のリサイクル業者だ。その上、「美しく、優雅で、光を放ち、そして堂々たる姿です」とジョーンズ氏はたたえる。

 糞虫は世界中に分布し、種類によって行動に違いも多いが、最も有名な行動は、真新しい糞を転がして玉にするフンコロガシの工作だろう。オスは糞玉を苦心して巣穴まで押して行き、多くの場合、糞の山の前でうろうろしているメスに届ける。(参考記事:「フンコロガシはなぜ空を見ながら糞を転がすのか」

ミツカドセンチコガネなどの糞虫は、新しい糞に向かって一直線に進む。(PHOTOGRAPH BY BLICKWINKE, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 次いで、フンコロガシのつがいはこの糞玉を巣穴の中に埋め、玉の中に卵を1つ産み付ける。糞玉は、幼虫の餌にも保育室にもなるのだ。(参考記事:「精妙なる昆虫の卵 」

 さらに、昆虫のなかではとても珍しいことに「続いて、フンコロガシの両親は糞玉にとどまって幼虫の世話をします。鳥のつがいがそうするのと全く変わりません」とジョーンズ氏は付け加えた。

食料

 糞虫はカリスマ的な掃除係かもしれないが、目に見えない微生物もたくさんの汚れ仕事をこなしている。

【動画】アフリカのフンコロガシ 古代エジプトで神聖視されていたフンコロガシ。他でもない、糞をリサイクルしている。(説明は英語です)(参考記事:「サハラ砂漠の華麗なムシたち ゴミムシダマシ・フンコロガシ編」

 米メリーランド大学ボルチモア校の微生物学者、アン・エステス氏は、糞虫の消化器官の中にすむ微生物を研究している。これらは、「掃除人の中の掃除人」と言ってもいい。

 地中海沿岸や米国、オーストラリアの一部で見られるエンマコガネの一種(Onthophagus taurus)は、糞粒と呼ばれる母親の糞を幼虫が食べる。幼虫は牛糞の中で生まれるが、糞粒に含まれる特定の微生物によって牛糞の消化が可能になるのだ。

 そして、母親の糞粒と牛糞を食べた幼虫は、今度は自分の糞を食べる。

 エステス氏は、「食べ物を得る方法としては、“うんと”汚い方法ですが」と冗談を言う。

 確かに。だが、彼らによるリサイクルは文句なしの見事さだ。(参考記事:「なぜ動物はうんちを食べるのか」

文=Liz Langley/訳=高野夏美 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加